口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅ランキング!

ブルースホーム
建材シェアナンバー1企業が提供するハイクオリティ「ブルースホーム」

数多く存在している輸入住宅業者を押しのけ、見事BEST5の頂点に立ったのが、「ブルースホーム」という会社です。本社所在地は東京都江東区となっていますが、隣接している千葉県や横浜でも事業を展開しており、各都道府県に加盟店が存在しています。

このブルースホーム最大の特徴は、なんといってもその自由度の高さです。通常であれば輸入住宅に限らず、注文住宅では実際のところオプション品もメーカーが絞られており、指定されたものでないと対応できないものですが、ブルースホームなら好みのメーカーや仕様の選択が可能。まさに、フルオーダーの輸入注文住宅を提供する住宅会社です。

またブルースホームは、東証一部上場「JKホールディングス」のグループ会社でもあります。このJKホールディングス、ひょっとして名前ぐらいは聞いたことのある方がおられるかもしれませんが、建材卸売国内シェア1位で知られるジャパン建材株式会社を擁しているのです。

だから、建築に使用できる建築資材を世界中から豊富に調達でき、多種多様なデザインや機能性を持った家づくりを行うことが可能となっています。

加えて、グループ企業の中には、住宅の完成を保証してくれる「ハートシステム」を扱う会社や、長期固定金利住宅ローン「フラット35」を扱う会社も存在しており、資金面の準備においてもスムーズかつ安全に進められるようになっているのも魅力的です。

輸入住宅会社にあってほしい「安全」と「品質」という二大要素を備えたランキングナンバー1のブルースホーム。私が自信をもっておすすめいたします。

ポイント①
他社では指定できないオプション品など原則制約はなく、自由度が圧倒的に高い
ポイント②
米国大手建築デザイン事務所との連携が心強い
ポイント③
建材シェアナンバー1企業のグループだから資材が豊富!
ポイント④
公式HPにたくさんの建築事例が公開!
セルコホーム
カナダの思想と家づくりを忠実に再現「セルコホーム」

1位のブルースホームと激しい比較合戦を繰り広げたものの、最終的には惜しくも破れてしまったのが、北海道から九州まで各都道府県に事業を展開する「セルコホーム」です。

このセルコホームの特徴は、カナダと非常に強いつながりを持っていること。厳しい極寒の冬の中で成長した木々で有名なカナダの地には、独特でレベルの高い住宅建築ノウハウがあります。そんなカナダの家づくりを学び取り、日本国内にて広げているのがセルコホームなのです。

セルコホームのモットーは「すべての家族に『心地よい暮らし』を」というもの。人間のライフサイクルに大きく関わる家というものは、真剣に考えて作られなければなりません。だからこそ、セルコホームはカナダの人々の歴史や考え方を活用し、家族が心地よく暮らすことのできる家づくりを目指しています。

その甲斐あってか店舗数は輸入住宅を取り扱う企業の中ではナンバーワン。これは、豊富なデザイン・バリエーションを持つカナダの住宅様式が、日本国内においても受け入れられていることを意味しているのかもしれませんね。カナダ住宅を念頭に置かれているのであれば、セルコホームは選択肢に入れておいてもよいでしょう。

ポイント①
家族向け住宅に強いカナダの家づくりノウハウを活用
ポイント②
店舗数は同業者の中でも一番
ポイント③
4つの保証で住宅建築時の不安を解消
ポイント④
輸入建材の積極使用は逆に不安な面も……
スウェーデンハウス
北欧スウェーデンの住宅を日本で楽しむ「スウェーデンハウス」

3位にランクインしたのは、「スウェーデンハウス」という業者です。輸入住宅メーカーとしては30年以上もの実績を持ち、東京や埼玉のみならず、北海道や兵庫、福岡でも事業を展開しています。

このスウェーデンハウスの特徴は、その名の通りスウェーデンで一般的に普及している住宅を国内で建てられるということ。社会保障が非常に充実していることでもよく知られているスウェーデンは、バリアフリーの先進国。子どもからお年寄りまで誰もが住みやすい家を作るため、日夜建築の研究が進められています。

スウェーデンハウスでは、そんな北欧の快適で住みやすい家づくりのノウハウを日本に輸入している企業と言えるでしょう。日本でも問題となっている高齢化社会に対して、バリアフリーに優れたスウェーデンハウスの住宅は、今後ニーズの高まる可能性があり、要注目です。

幸いにして全国にモデルハウスを展開しており、ちょっとした時間さえあれば見学を行うことが可能となっています。家族向け住宅のみならず、二世帯住宅の建築をご検討の方は、一度見に行ってみてもよいのではないでしょうか。

ポイント①
バリアフリー先進国スウェーデンの住宅ノウハウ完備
ポイント②
気密性や断熱性に自信があり、快適な家づくりが得意
ポイント③
安心できる50年間無料検診システム
ポイント④
やや融通の利かない一面も……
三井ホーム
絶対的な知名度とブランドが心強い「三井ホーム」

4位にランクインしたのは、三井グループに所属している「三井ホーム」です。この会社の名前を知らないという方は、ひょっとするといないのではないでしょうか。有名グループの会社ということもありますし、何よりテレビやインターネット、チラシなどでのコマーシャルもひんぱんに行われているので、その知名度は今回のランキングにおいてもナンバーワンと言ってよいでしょう。

その特徴は、やはりそのブランド力。住まいづくりにおいてブランド力というのは非常に大事です。ブランド力の高い家に住めば「こんないい家に住んでいる自分はすごいな」という気持ちになることができ、モチベーションアップになります。そういった点から言えば、三井ホームの家は居住者にとってかなりのステータスとなり得るでしょう。輸入住宅メーカーはブランド力がそれほど高くない場合が多く、ブランド力を第一に考えるのであれば三井ホームはイチオシです。

また、大手企業ゆえの信頼感もバツグン。住宅の値段こそ高くはありますが、その分品質やサービス性もかなりのもの。大手ならではのレベルの高い住まいづくりを実感することができるでしょう。

ポイント①
ブランド力においては業界屈指!
ポイント②
広告宣伝が掛かっている分、価格も高い
ポイント③
全館空調システムで毎日いつでも快適に
ポイント④
意外と自由にデザインできないという不満の声も
インデュアホーム
臨機応変なサービス対応が光る地域密着型「インデュアホーム」

最後に紹介するのは、岩手県花巻市の「インデュアホーム」です。本社が岩手県ということでこのランキングに掲載されているほかの業者と比較するとやや地方よりのイメージがありますが、関東や中部、近畿や四国にもフランチャイズ展開している企業です。

このインデュアホーム自体はそれほど大きくない、いわゆる中小企業と言ってもよいほどの規模です。前述した三井ホームとは対照的と言えます。しかし、この業者の強いところは、その小ささを活かした臨機応変さにあるのです。

それは一言で言うなれば「地域密着」。加盟店それぞれが大きな裁量権を持ち、担当する地域にあった独特のサービスを展開しているのです。大手メーカーの弱さは大規模な展開を行っているがゆえにサービス内容がどうしても画一的になってしまい、地域利用者の細かな悩みやニーズに応えきれていないところにあります。そういう点を考えれば、このインデュアホームはそうした弱点を巧みに補う、なかなかニクい存在であると言えるのではないでしょうか。

企業と利用者ではなく、人と人との付き合いの中で家づくりを行いたいという方は、インデュアホームをご検討してみてください。

ポイント①
地域に根差したローカル型企業で臨機応変な対応力
ポイント②
日本の気候に適した素材を世界各国から選んでます
ポイント③
独自の保証システムがあるから安心
ポイント④
やはり大手にはかなわない部分も……

よく読まれている記事

ファミリーに理想的な家を叶えるならやっぱり輸入住宅!

このランキングサイトをご覧になられている方はやはり家を建てるというだけあって、ご家族といっしょに暮らしている方が多いのではないでしょうか。実は、私もそうなのです。

私は都内で暮らす30代の男性。妻と6歳の娘、4歳の息子を養う身でございます。最近、今住んでいるマンションが手狭に感じられて仕方がないように思えてきました。娘もそろそろ小学校へと入学する年齢だし、いつまでも狭い家に住まわせるのはかわいそうだと考え、家を建てることに決めたというわけです。

しかし、みなさまご存じのこととは思われますが、住宅建築というのは想像以上に大変。特に、自身の希望を忠実に反映させようとなると、莫大なお金がかかってしまうものです。私の理想はささやかではありますが、テラスのついた一戸建て。休日には子どもたちと思いっきり遊んだり、妻がお茶会を開いたり、そしてたまにはご近所の方々とバーベキュー大会を開いたりすることができる家というのが長年の夢です。

しかし、そのような往年のハリウッド映画に出てくるような一戸建てを日本で建てるには莫大なお金が……。やはり夢は夢でしかないのか、とあきらめかけていたとき、友人から教えられたのが「輸入住宅」という選択肢だったのです。

このランキングサイトでは、私が輸入住宅について調べた輸入住宅メーカーの口コミや情報を基に、優良な業者の比較ランキング付けを行っています。読めばきっと、理想的な家づくりに役立てられることと思います。

輸入住宅は意外にもメリットいっぱい

みなさまは輸入住宅と聞いてどのようなイメージを持たれるでしょうか。ひょっとすると、「そもそもそんなの聞いたことがないよ」「口コミやインターネットで少し耳に挟んだことがある程度」という方が多いかもしれません。

簡単に説明すると、輸入住宅というのは、国外から取り寄せた資材や木材を使用した家のことです。また、資材だけでなく海外の技術を多く組み込んだ住宅に関してもそのように定義されます。この輸入住宅、海外製ということもあってよいイメージを持たれない場合が少なくないのですが、実はいろいろとメリットが存在しているのです。

まずひとつ目のメリットはおしゃれなデザイン性です。これが大きいのですが、日本国内ではあまりメジャーでないデザインや建築様式に則った住宅を手に入れることができます。世界的に見て日本の建築技術は比較的優秀な部類に入るのですが、いまいちデザインに個性が無かったり、細かい点で不満点があったりしがち。海外の技術ノウハウをふんだんに取り入れた輸入住宅なら、こうした欠点を解消したユニークで暮らしやすい家を手に入れられます。

次にふたつ目のメリットは、耐震性に非常に優れているという点です。輸入住宅には「ツーバイフォー工法」が取り入れられている場合がほとんどです。住宅の中に面構造でない箇所が存在する場合、地震の揺れは面構造でない箇所へと集中してしまうものなのですが、このツーバイフォー工法は住宅の床や壁・屋根に至るその全てが面構造となっている工法のため、地震の揺れを非常に分散させやすい工法と言われています。日本は世界有数の地震大国です。地震に対する対策をしっかりと行いたいとお考えの方にも輸入住宅はおすすめができます。

みっつ目のメリットは、気密性に優れているという点です。これがどういうことなのかというと、気密性が高いと屋根や壁が外部から流れてくる風や空気をしっかりと妨げてくれるため、夏は涼しく・冬は暖かく快適に過ごすことを実現してくれるのです。北欧等の寒い北国では住宅が寒い温度の影響を受けないようにその点しっかりと対策がされた住宅設計がなされています。そのため輸入住宅は寒い北国等にお住まいの方にもおすすめが出来る住宅様式とも言えます。

よっつ目のメリットは、優れた耐火性です。輸入住宅では日本式の建築とは異なり、住宅の接合部分に石膏(せっこう)ボードを使用する場合が多いです。この石膏ボードは火に非常に強く、仮に火災が起きてしまった場合にも火の燃え移りを防いでくれる効果を持つと言われています。住宅火災が発生した場合、火の燃え移りが早ければ早いほど避難を行うまでの時間が減り、より深刻な事態へと発展してしまいます。住宅建築には火災に対する対策も欠かすことはできないため、輸入住宅はその点安心でもあります。

最後に挙げるメリットは、状況によってはある種のステータスになり得るということです。近所の家々がみんな日本的な住宅である中、我が家だけが海外式の住宅であったとすれば、注目を集めること間違いなし。小近所の口コミや評判も上々なものを得られ、「リッチな家に住んでいる人」として知り合いやご近所さんに自慢できること請け合いでしょう。

輸入住宅にはいくつかのデメリットもある……?

このように、一見メリットがたくさんあるように見える輸入住宅ではありますが、いくつか見過ごすことのできないデメリットも存在しています。

それは、資材の品質についてです。輸入される資材の中には、国内での基準を満たしていないものも存在しています。国内基準は世界的に見てもかなり厳しいものであり、海外ではふつうに使われている材質でも、日本では基準未満と判断されてしまう場合が稀にあるのです。レベルの低い業者は、そうした資材を低価格でうまくごまかして輸入し、住宅建築に使用します。部分的にローコストな建築を行った結果、湿気の多い日本の環境に耐えられず、断裂や劣化が発生し、安全性を脅かすといった事態が起こり得るのです。

また、輸入住宅で用いられている海外のノウハウが、日本の生活事情と合わないということも考えられるでしょう。せっかく特殊な技術を使ったのに、快適性が失われてしまうというのは本末転倒と言うしかありません。

このように、輸入住宅は多数のメリットとデメリットを抱えています。ですので、業者を比較・検討する場合は、デメリットをうまくフォローし、メリットを最大限活用してくれるところを選ぶようにしなければなりません。

輸入住宅のバスルームの特徴

輸入住宅のバスルームの特徴

良い家に住むと、おのずと家での滞在時間が長くなるものです。
家での滞在時間が増えるとバスタイムも長くゆったり楽しみたくなります。
長くゆったりとした時間を過ごすためにバスルームも進化したのです。
外国人宿泊客の多いホテルなどではバスルームを広くファッショナブルに改修する工事が進められ、輸入住宅の多くは浴室に広いスペースを確保しています。
広い床面積の二世帯、三世帯の輸入住宅においては複数のバスルームを設置している家も少なくありません。

 

多様化するバスルームでの過ごし方

お風呂好きの日本人にとってバスルームの間取りやデザインは家づくりにおいて重要な要素となります。
輸入住宅の場合、それぞれの国の生活様式によってバスルームの間取りやバスタイムの過ごし方が異なり、ゆったり浴槽に浸かることを求める方には馴染めないところもあります。
しかしながら、それぞれの国においてライフスタイルの多様化は進み、バスルームでの過ごし方が変わってきていることも事実です。
汗を洗い流しリフレッシュするだけだったバスタイムを、よりリラックス効果を高めるためのレクリエーションタイムとして楽しむ方も増えています。
バスルームでの過ごし方が多様化する中、輸入住宅ではそれぞれの国の方々のニーズに応えたバスルームが普及しています。

 

北欧のバスルーム

福祉先進国のスウェーデンに代表されるように北欧のバスルームはほとんどバリアフリー化されています。
自然をふんだんに取り入れる北欧の生活観はバスルームにおける大きな開口部に代表され、明るい自然光と涼やかな風を招きます。
北欧のバスルームの大きな特徴としてあげられるのが浅く長いバスタブです。
日本のように深々と身体を沈めてゆっくりと温まるというよりは身体を伸ばしてリラックスするのが入浴という考え方、バリアフリーという観点からも機能的と言えます。
また、温度差によるヒートショックを防ぐためベッドルームの近くにバスルームやトイレを設置するのが一般的となっています。
北欧のバスルームは快適性と安全性を十分に考慮した、まさに人間愛に満ちたバリアフリーの結晶のような場所となっているのです。

 

アメリカスタイルのバスルーム

ビジネスホテルなどに代表されるように、かつての欧米式バスルームといえばシャワーがメインであり、同じ空間にトイレが設置されていました。
トイレとバスを同じ場所に設置するのは欧米の合理主義のなせる業、几帳面に手順を追う日本人とは違う生活習慣です。
しかしながら、バスタイムに対する考え方の変わってきた昨今では、リラクゼーション効果をより高めるためバスタブを二つ設置したり、トイレを浴室の一隅の別室に作ったりすることが増えてきました。
トイレがあるとリラックス効果が半減してしまうからです。
アメリカにおいては、バスルームはリラックスする場所、レクリエーションルームとする考え方が一般的になっています。

 

マスタースイーツと専用バスルーム

輸入住宅の間取りにおいて特徴的なのが広いリビングと複数の寝室です。
開放的な共有空間とプライベート空間を上手く使い分けることのできる欧米スタイルならではの間取りと言えます。
子供の寝室、夫婦個々の寝室の他にひときわ大きな夫婦専用の主寝室(マスタースイーツ)と呼ばれる部屋があります。
このマスタースイーツに夫婦専用のバスルームを設置することが、アメリカにおいては常識となっています。

 

アメリカにおける複数バスルームの意味

バスルームが複数あるのは世帯、あるいは世代ごとに使い分けるためです。
ただし、マスタースイーツのバスルームだけは夫婦専用、家庭を支える夫婦だけのねぎらいの場所となっていて子供たちは使うことはできません。
なぜなら、やがて家から巣立つ子供たちは別、巣立ったその先でそれぞれのバスタイムを楽しめば良いという考え方からです。
アメリカらしい、極めて合理的な考え方と言えます。
そのような考え方から普及していったのがジャック&ジルのバスルーム、子供部屋に挟まれるように設置された鍵付きのバスルームのことです。
それぞれの子供が異性の場合など内側から鍵を掛けることによりプライバシーを護ることができるように設計されています。
ジャック&ジルのバスルームは子供の人権の保護と、自立心を養うために大いに役立っています。

 

バスタイムのレクリェーション効果と温泉文化

温泉に恵まれた日本人にとって自宅のバスルームをどのように位置づけるかはそれぞれの嗜好によります。
バスルームに広い開口部を設けて眺望を楽しんだり、バスタイムにレクリェーション効果を求めたりすることは温泉地に出かけていることと何ら変わりません。
これで上げ膳据え膳ときたらまさに旅館気分。
たまたま温泉に恵まれた日本では自宅のバスルームにそこまでの効果を求める必要はなかったのかも知れません。
けれども、毎日温泉に行かれる方はそう多くはありませんし、より快適な生活を送るためには柔軟に多様性を取り入れていくことも必要です。
輸入住宅のバスルームは、日々の暮らしを安全かつ快適にしてするためにさまざまな工夫が為されています。

まずは当ランキングサイトを、各種輸入住宅メーカーの比較・検討を行う材料としてお役立ていただければと思います。

記事一覧

輸入住宅の最大の特徴は広々と開放的な空間。 それができるのは柱を必要としない2×4工法による壁面構造だからです ・・・[続きを読む]
ライフスタイルの欧米化と共にお洒落な洋風建築が増え、輸入住宅のニーズも高まっています。 しかしながら、老舗のス ・・・[続きを読む]
  多様な輸入住宅ですが、共通して言えることは広々とした間取りと生活していること自体を楽しもうとする ・・・[続きを読む]
欧米ではキッチンを暮らしの中の中心にあるべきものとして捉える風潮が強く、家の主役として広いスペースが確保される ・・・[続きを読む]
輸入住宅のバスルームの特徴 良い家に住むと、おのずと家での滞在時間が長くなるものです。 家での滞在時間が増える ・・・[続きを読む]
三角屋根と白い手すりのベランダといえばスウェーデンハウスです。 輸入住宅の老舗として30年、今や日本の風景にす ・・・[続きを読む]
数ある犯罪の中でもっとも多いのが空き巣や窃盗です。 未然に防ぐため、地域の自治体や警察による巡回パトロールはも ・・・[続きを読む]
現在日本国内ではブルースホームやセルコホームを始め、さまざまなハウスメーカーによって多くの輸入住宅が販売されて ・・・[続きを読む]
海外生活の経験を持つ方の中には、日本に建てられている輸入住宅に違和感があるという方もいます。 解放感たっぷりに ・・・[続きを読む]
  もっとも輸入住宅らしさが現れるのが外壁です。 ひと目で輸入住宅と分かるお洒落なデザインと色彩はそ ・・・[続きを読む]
サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム