口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅には雨戸が必要なの?

輸入住宅には雨戸が付いていないと、モデルハウスを見たり担当者から聞いた経験を持つ人は少なくないでしょう。

台風や災害の多い日本で雨戸がなくて大丈夫なのか、防犯性は問題がないのか、気になる人は少なくないといいます。

実際に存在しなくても問題がないのか、輸入住宅の安全性や利便性について見ていきます。

全ての輸入の住宅に取り付けられていないのか

輸入住宅に住んでいる友人や知人の家に出かけたときに、雨戸がないと聞いて驚いた経験を持つ人も多いでしょう。実は海外のメーカーが作っている住宅では、雨戸という概念自体が存在していないところが多いといわれています。

その理由として、海外メーカーの作る家に入っている窓ガラスはペアガラスやトリプルガラスといわれる断熱性が高い物で、防犯性・断熱性に優れた物として知られています。防犯性・防音性・断熱性に優れた窓ガラスを利用しており、安全性にも配慮されている物だから、取り付ける必要はないという考えです。結果として日本独自の防犯性や断熱性に配慮している物を取り付けず、家自体の機能にこだわって作り上げることをポリシーとしています。

とはいえ、日本のように台風をはじめとした災害の多い地域では、台風や竜巻によって巻き上げられた物が窓にぶつかってしまう危険性が高いです。そのために取り付けたほうがいいのではないかと考える人は少なくありませんが、その場合はシャッターを取り付けることが多いといいます。

理由として輸入住宅の窓の構造が縦に開く形式となっており、横開きの雨戸しかない日本とは異なるため、取り付けづらいという事情があるからです。シャッターは電動で遠隔操作が可能となっており、防犯性・断熱性・防音性・耐衝撃性についても全く問題はありません。ただし、全ての家に標準装備されているわけではなく、希望者のみのオプションとして取り付ける形となっているため、注意しましょう。

全ての家でシャッターを取り付けているのか

輸入住宅では縦開きの窓にふさわしい形としてシャッターを取り付けていることが多いといわれていますが、全ての家で取り付けられているでしょうか。全ての家で取り付けられているわけではなく、あくまでも希望者のみに取り付けられているため見かけない場合も多いです。

取り付けない理由として住んでいる人々の意見を参考にすることが、家を購入するうえで重要となるでしょう。理由のひとつとしてコスト面を挙げる人が少なくないといわれており、必要と思えない部分にコストをかけたくないという意見が多いです。

必要と思えないという意見に対して不安視する人も少なくありませんが、安全性に徹底的にこだわった家造りの輸入住宅への信頼性がある場合が少なくありません。実際にハウスメーカーなどでも防犯性や断熱性に対しては高い評価を下しており、納得できる家造りだからこそ必要ないと考えるから導入しない家が多いといえるでしょう。

それ以外の理由として、採光性に対して魅力を感じるという人も少なくないといわれており、明るさや日差し、見た目の美しさにこだわった人が多いといいます。魅力的な家造りのために輸入住宅にした人が多く、美観にこだわりのある人の中には不要と考えて取り付けなかったという家も少なくありません。

とはいえ、ペアガラスやトリプルガラスだけで不安という人はシャッターを採用しており、個人の好みによるところが多いといえるでしょう。

よろい戸と呼ばれる物も存在する

地域によってはよろい戸と呼ばれるものを取り付けているところもあるといわれていますが、よろい戸とはいったい何なのか知らない人も少なくありません。よろい戸というのは外側に開いている両開きのドアのような物で、海外でも北欧の住宅には取り付けられることが多いです。

ただし、実用品としてよろい戸を使用することはなく、装飾品として取り付けている人も少なくないといわれています。理由としてよろい戸を取り付けることによって、よりアンティークな質感や輸入住宅である雰囲気が増すからです。機能性として取り付けるよりもアクセサリーとして外壁に密着させることによって、家の美観をさらに高めるのが目的となっています。

そのため、機能面で取り付けているわけではなく、安全性にこだわりを持ちたいのであればシャッターを取り付けたほうがいいでしょう。安全性か美観か、どちらにこだわりを持つのかは住む人の自由意志に基づく決定となるため、安全性にこだわるなら取り付け、美観にこだわるなら不要といえます。

 

輸入住宅では日本独自のアイテムといえる雨戸を取り付けることが、家の構造上難しいと考えられます。窓が縦開き構造となっているため、横開きの雨戸を取り付けることが難しくなるため、シャッターが代用となるからです。

美観にこだわるのか、安全性にこだわるのかを考え、最良の選択肢を選ぶことが長く住む家を買うときに必要といえるでしょう。モデルハウスや実際に住んでいる人の意見だけではなく、家族で家に関する意見を取り交わすことが決め手となります。

サイト内検索
輸入住宅関連コラム