口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅にバルコニーを設置するメリットとは?

輸入住宅のバルコニーには、避難経路としての役割があります。

安全性にメリットを感じて、設置を検討している方も多いです。

また屋根がない状態なら、開放感を楽しむ事もできます。

逆に、そこを屋根付きの状態にすれば、洗濯用のスペースとして活用する事も可能です。

 

万が一の時の非常口として活用できる

住宅に住んでいると、色々な事が起こり得ます。

最近では、万が一の事態を心配している方々が多いです。

例えば火災や地震などの事態です。

つい数年前に大きな地震が発生した事もあり、住宅を作る事を検討している方々は、地震に関心を持つようになってきています。

現に地震の保険商品などは、ここ数年は契約件数も伸びてきています。

とりわけ北陸地域などは、地震保険の加入率は高いです。

そして地震だけではなく、火災もあり得ます。

地震も火災も大いに起こり得る事態ですから、安全な住宅に住みたいと望んでいる方は、少なくありません。

ところで万が一の事態が起きた時には、住宅から避難するケースがあります。

一刻も早く外に出る必要がありますが、その際にバルコニーが活用される事があります。

例えば出火したのは、1階部分だとします。

1階から建物の外に出るにしても、すでに火の手が回っていますから、非難するのも困難な状態です。

その場合は、2階から避難する方法があります。

窓から外に飛び出し、建物の外に逃げる訳です。

しかし窓から直接飛びおりるのは危険なので、屋根伝いに避難するのが一般的です。

一旦はバルコニーから外に出て、隣の屋根などに逃げるケースも多々あります。

ところがバルコニーが無い住宅ですと、屋根伝いに逃げる事はできません。

つまりバルコニーを設置しておく方が、住宅の安全性も高まる訳です。

そもそも輸入住宅は、窓のサイズはあまり大きくありません。

逆に、バルコニーにある窓は非常に大きいので、いざという時には非常口として活用する事もできます。

なお非常口として設置するつもりなら、材料は要注意です。

住宅の建材も色々な選択肢があり、石材や木材などがあります。

後者の木材にしてしまいますと、いざという時に火の手が回ってしまい、避難するのが難しくなる可能性もあります。

できる事なら、燃えづらい建材にしておくと良いでしょう。

 

洗濯物を野外でも干せるメリット

バルコニーを設置するメリットは、他にもあります。

屋根付きの状態にして、物干し場として活用する事も可能です。

上記でも少々触れた通り、輸入の住宅は窓はあまり大きくありません。

洗濯物を干すにしても、十分なスペースがない訳です。

窓に引っかけて乾燥させるのは、少々無理があります。

しかしベランダの状態にすれば、十分なスペースがあります。

ですから洗濯物を野外で干したい時は、バルコニーを設置してみるのも悪くありません。

ただ注意すべき点もあって、屋根は設置しておく方が望ましいです。

天気は多彩で、雨が降ってくる日もあれば、快晴の日もあります。

快晴の日は洗濯日和ですが、必ずしも毎日晴れてくれるとは限りません。

雨になる日もあります。

屋根がない状態ですと、洗濯物を干す事はできません。

逆に屋根がある状態にしておけば、洗濯物を干す場所に雨水が入ってくる事もありません。

ですから洗濯物を干したい時には、必ず屋根を設置しておく必要があります。

ただ最近では、乾燥機もだいぶ普及してきましたし、その場所で洗濯物を干す方々も減ってきました。

住宅の中にある乾燥機を使用すれば問題ないので、野外で物干しする方も減りましたが、現在でも野外で干したいというニーズはあります。

その理由の1つは開放感です。

野外で洗濯物を干す方が、何となく開放感があります。

洗濯物を干す時に、野外の爽やかな雰囲気を満喫している方々も少なくありません。

つまり「開放感がある場所で洗濯物を干せる」のが、バルコニーを設置するメリットの1つです。

 

ガーデニングや娯楽などを楽しめるメリット

その他にも、ガーデニングや娯楽のメリットもあります。

屋根無しの状態にして、あえて開放感を満喫する方法もあります。

バルコニーというスペースで植物を植えるのを楽しんでいる方々は、とても多いです。

そこにプランターなどを設置して、様々な植物の鑑賞を楽しむと共に、季節感を満喫している方々も少なくありません。

バルコニーがないと、それは困難です。

輸入の住宅は窓のサイズが大きくありませんし、そもそもガーデニング用のスペースが皆無だからです。

またバルコニーは、しばしば娯楽用のスペースとして活用されています。

例えば友達をその場所に招いて、バーベキューを満喫する事も可能です。

また高い場所にある住宅なら、景観を楽しめるメリットがあります。

眺望が良い上に開放感がありますから、その場所でゆったりとした時間を過ごしている方も少なくありません。

また上述の洗濯物を干す時のように、開放感を楽しめるメリットもあります。

 

ですから輸入住宅にバルコニーを設置するメリットは、主に3つあります。

いざという時の非常口として活用できる上に、その場所を物干し場として活用する事もできます。

また開放感があるので、娯楽を楽しむ事もできる訳です。

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム
輸入住宅関連コラム