口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅はお風呂にもこだわってみよう

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/08/09

住まいにこだわりがあるときは、何を重視するかを考える必要があります。その中でも、お風呂にこだわりがある人も多いのではないでしょうか。バスタイムは一日の疲れを取って明日への活力を得る時間でもあります。

こうした時間を大切にする人は多く、バスタイムはそれだけ生活において重要な時間と言えるでしょう。

どのようなこだわりを持っているか

輸入住宅は独特の外観をしていることが多く、イギリス風の住まいやアメリカのカントリー風の住まいなどが人気となっています。こうした輸入住宅を建てるとき、お風呂を工夫することも少なくありません。お風呂にこだわりを持つときは、その広さにこだわることも多いです。

バスタブではその中に寝そべって、リラックスすることができます。体を伸ばしてゆったりすることを目的とするならば、大きなバスタブを置くことにこだわることになります。広い空間にバスタブがあると、バスタイムはより快適になります。バスタブのサイズを決めるのも輸入住宅を建てるときに大切です。

それよりもメンテナンスが楽になることにこだわるなら、防カビ性の高いタイルを敷いたり、防カビ効果があるカーテンを使用したりします。そうすれば、バスルームのお手入れがとっても楽になりますね。

このように、こだわる部分によってどのようなバスルームになるかは変わってきます。ご自身がバスルームに何を求めるのか、どんなバスルームにしたらそこでの時間がより快適になるかを考えるのは大切なことです。

自由な間取りを楽しむことによって

輸入住宅でお風呂を設置する際にはその場所を意識します。こだわりの空間で一日の疲れを取るのはとても有意義です。疲れを取ることで、次の日がより快適になります。

輸入住宅は自由な間取りが魅力です。通常バスルームは1階に設置されていることが多くありますが、2階に設置することも可能です。たとえば、2階にトレーニングルームなどを設置したとします。そのトレーニングルームの隣にお風呂を設置すると、トレーニングして汗を流した後にすぐにお風呂に入れてとても便利です。

また、解放的で光を存分に取り入れることができる、光の庭を求めることもあります。バスルームを2階にすれば、そんな素敵な庭を眺められるようにすることもできるのです。さらに寝室も2階にあるならば、朝起きてすぐにシャワーを浴びられますね。

このように、お風呂の設置場所はその人のライフスタイルによって異なります。ご自身にとって、最高のバスタイムを送れる間取りを考えてみてはいかがでしょうか。

人気の傾向などを知ることによって

住まいにはさまざまな特徴があり、どのような住まいにするかはその人のライフスタイルに左右されます。木の香りがある広々としたリビングなどは人気です。リビングに合うようにバスルームを作る人も多く、檜などで作ることもできます。もちろん他の素材でも作れ、大理石にすることもできますし、木の温もりが感じられるように天然木で作ることもできます。

どのような素材で作るかはその人の趣向によって異なります。無垢の天然木の魅力はとても大きくて、経年劣化も味わいがあるものとして楽しめます。無垢の天然木で輸入住宅を建てると、経年劣化すら楽しむことができて、より長く住まいを楽しめます。長く楽しめる住まいに対する需要はとても高いです。輸入住宅は高気密で高断熱ですので、住まいの状態を長く保ちやすいです。

今までに述べてきたとおり、輸入住宅に対する需要は高まっていて、イギリス風、南欧風の住まいやアメリカのカントリー風の住まいは人気が高いです。こうした住まいを魅力的にするには、バスルームでの時間を重視することが大事ではないでしょうか。

また、バスルームで使用する素材によっても変わります。無垢の天然木で作られたバスルームなどはとても良い雰囲気になりますが、タイルでバスルームを作るとメンテナンスが楽になります。設置する場所も重要で、2階にバスルームを設置し、さらに開口部を広くすれば、そこからの景色を楽しめます。住まいでの生活は庭の機能にも影響されます。光を上手く取り入れることができる庭の魅力は大きいです。そうした庭を2階のバスルームから眺めるライフスタイルも人気があります。

住まいがライフスタイルに与える影響は大きいので、住まいを建てるときは自分のライフスタイルに合うような住まいを、いかに上手く建てるかを意識する必要があります。

サイト内検索
輸入住宅関連コラム