口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅の防犯設備について

輸入住宅の防犯設備について

数ある犯罪の中でもっとも多いのが空き巣や窃盗です。
未然に防ぐため、地域の自治体や警察による巡回パトロールはもちろんのこと、セキュリティ会社もホームセキュリティに力を入れ防犯対策には余念がありません。
二重ロックや監視カメラなどさまざまな防犯設備がありますが泥棒にとっても狙いやすい家と、はなから敬遠してしまう家があります。
庭や玄関口が煩雑になっていたり窓が大きかったり、出入り口や開口部の多い家は空き巣に狙われやすいと言います。
対して、窓の小さい、堅牢な家は泥棒に入りにくいため空き巣にも敬遠されています。
比較的窓が小さく、分厚い壁を特徴とする堅牢な構造の輸入住宅は泥棒に嫌われる家、構造そのものが防犯性を兼ね備えているとも言えます。

 

優秀な日本の警察と外国の犯罪事情

日本の警察が優秀で治安の良さが叫ばれているとはいえ、一般市民が銃をもつことのできるアメリカの犯罪事情は日本の比ではありません。
子供が誤って引き金を引いてしまったり、卒業生が学校で銃を乱射したりと耳を疑いたくなる惨事が後を絶たないのが銃社会のアメリカの現実です。
空き巣や窃盗は日常茶飯事、見知らぬ他人と接するときはいつも緊張を強いられます。
そのような緊張感はアメリカのみならず、大陸の諸外国において、歴史上の出来事からも保ち続けざるを得ませんでした。
北欧や南欧の国も然りです。
それぞれの国の住宅が堅牢で優れた防犯性を示しているのは、犯罪率の高さの裏返しでもあります。

 

輸入住宅の窓の堅牢性

輸入住宅の特徴のひとつが小さな窓、そしてその窓に当たり前のようにはめ込まれているペアガラスです。
北欧や北米の寒冷地住宅の防寒用に作られたペアガラスは場合によってはトリプルガラスになることもあり、結露防止や断熱、防音の他に防犯性にも優れています。
二枚のガラスは強化ガラスでありスペーサーと呼ばれるパッキンで接着されているため、ガラスを破損させることは極めて困難と言えます。
泥棒が1枚の強化ガラスを割るのに相当な力と時間を要することは自明の理、2枚目を割るためモタモタしているうちに通報されてしまうに違いありません。
仮に2枚のガラスをすみやかに割ったとしても堅牢な金具の付いた小さな窓からどうやって侵入することができるでしょう。
輸入住宅の窓は上下上げ下げのダブルハングやオーニング式が標準装備、人間が出入りするようには作られていません。

 

重厚な玄関ドアと丈夫な頑健なヒンジ

輸入住宅の玄関ドアは重厚なデザインが多く、その素材はほとんど木製です。
ひとりで抱えることのできない重さのドアであり、勢いよく開閉すると家全体が揺れることもあるほどです。
そのような玄関ドアですから、おいそれと外したり壊したりすることはできません。

〇扉の開き方の違い

ただし、欧米の暮らしにおいて内開きが標準となっている玄関ドアが、日本では外開きとなる違いがあります。
これは畳文化と土足文化の違いです。
欧米では靴のまま室内で寛ぐため玄関口の土間は必要ないのです。
ですから、玄関ドアは内開きで支障ないのですが、日本では土間に脱いだ靴を置かなければならないためどうしても外開きとなってしまいます。
玄関ドアが外開きになるとドアを支える蝶番(=ヒンジ)が外付けとなり、泥棒の視線に曝される危険性もあります。
重いドアを支える頑健な構造で取り外すことも困難なヒンジですが、人目に曝されないようカバーを施しておくなどの工夫も必要です。
欧米の暮らしに習って玄関ドアを内開きにするとヒンジは内側に取り付けられることになり、防犯上極めて高い効果が得られます。

〇高い防犯性のためには内開きにする

国産ドアに比較して重厚で丈夫な輸入ドアはその時点で防犯対策が為されていると言えます。
さらに二重ロックやチェーンロックは当たり前、ドアの窓も強化ガラスなため目視による確認もできます。
尽きない防犯対策ですが、より高い防犯性のためには内開きにすることをおすすめします。
そのためには、土間のスペースを少し広めに確保しておく必要があります。

 

ジャリジャリが防犯対策になる

砂利というと竜安寺の石庭や枯山水という、繊細な侘びさびをイメージする方が多いかもしれません。
石庭の砂利より少し大きめの砂利が庭用として市販されています。
庭用の砂利は繊細な侘びさびとは異なり、踏むたびにジャリジャリと石の擦れ合う音が警戒音のように発せられます。
ジャリジャリは不審者の侵入を報せるのに抜群の効果を発揮します。
砂利の似合う住宅といえば輸入住宅。
輸入住宅なら四方を砂利で囲んでも違和感を持つことはありません。
砂利は防犯性を高める他に、水はけをよくする効果もあるため多くの輸入住宅の庭に用いられています。

 

さらなる防犯対策のために

白昼堂々の空き巣もいますが総じて夜に働くのが泥棒です。
その泥棒が嫌いなものが光り。
センサーライトなどは効果的な防犯対策のひとつです。
電池式、あるいはソーラー充電式など配線不要のセンサーライトがホームセンタ―などで市販されており、手軽に入手できます。
形状も監視カメラのようなものから灯篭タイプやランタンタイプなどさまざまで、輸入住宅にピッタリのものばかりです。

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム