口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅の予算はいくら?

国際化が進行する中で、外国への留学や外国への出張が増えてきて、一時期でも異国で暮らした体験のある人が増加傾向にあります。

少しでも異国で生活した経験のある方の中には、外国で知人宅などを訪問したり住宅街の景観を見たりして、日本という国とは趣が異なってくるオリジナル性の高い住宅が印象的に感じた方が非常に多いかもしれません。

そうした家に住むことは 輸入住宅購入という形で可能といえます。

外国から建材を輸入し外国のデザイン性や工法で建てられる家屋が建てられますが、建築する場合はしっかりと予算について考慮する必要があります。

円高や円安といった円相場に影響を受けます

国内のオーソドックスな住宅相場はどんな人でも想像しやすいものですが、輸入する住宅の価格相場となりますと見当がつきづらいといえます。

あらためていうまでもなく建坪並びに床面積が大きいほど高い価格になるのはどういった家屋でも同様ですが、輸入する住宅独特の販売価格の決定要素もあります。

輸入する住宅においては建材を外国から輸入するため、円相場に影響されます

円高になればなる程建材の金額は安くなり、円安になればなる程価格が上がってしまいます。

しかしながら、日本国内のノーマルな住宅も木材といった建材を輸入していて、円相場の影響されるのは輸入住宅だけとは言い切れません。

人件費および地盤改良に関する費用が必要です

輸入する場合では日本国内の住宅と建築工法が異なってきます

国内の住宅建築に対して慣れている大工でも、外国の建築工法となりますと勝手が違い、柱並びに梁や筋交いで強度をキープする国内の木造軸組工法とは異なって海外独自のスタイルがあります。

建材の加工といったプロセスにも容易ではないものがあり、建築職人の人件費は、日本スタイルに規格化された家屋とは異なってきます。

しかしながら、輸入住宅が国内に広まり始めてかなり年月が過ぎ去りました。

輸入の建築に詳しい職人が増えたり、建築方法等もレベルアップしてきており、場合によっては非常に短い工期で作り上げられるものもあります。

加えて、住宅を買い入れるといえば、建売住宅から考える場合が相対的に多いかもしれません。

しかしながら輸入の場合は、ただ単純に外国の建築資材を使用した家でなく、その国の建築スタイルや情緒を施主のリクエストにしたがって実体化してこそ価値があるといえます。

そのため注文建築がメインになります。

そうなってしまうと、まず第一に土地があってその場所に建築するわけですが、この点に地盤改良の問題があります。

土地や家屋の価格に加えて地盤調査から始まり改良の必要性の有る無し、どういった改良が必要か等で別枠費用がかかるケースがあります。

実際に必要とされる輸入住宅の価格

非常に多くのハウスメーカーが屋根並びに外壁の建材をセレクトすることができるようなプランニングを示しています。

どういったものを選定するかによって販売価格が変わりますが、リーズナブルなところでは坪単価30万円くらいで、それに加えて外観並びに建材を望ましいものにすると坪単価100万円をオーバーするようなこともあり得ます。

なお、一般的な坪単価としましては50万円~80万円とも言われています。

飾り気のない構造で国内でもよく実行されてきたツーバイフォー工法、建材に関しても安いものを選択すれば坪単価も低目に抑えることが可能でしょう。

因みにツーバイフォー工法に関しては耐震強度が非常に高く、柱でサポートする国内の建築と照らし合わせると、地震の揺れについての強さが秀でています。

しかし、欧州の城を思わせるような手間のかかるメカニズムで高品質な外観となると、当たり前ですが坪単価も上がってしまいますし、そもそも坪単価のみでは家トータルの購入価格は判断できません。

業者によって坪単価の算出スタイルが異なり、地盤改良工事の有る無しなど追加で求められるコストがあります。

そうは言っても坪単価かける建坪でアバウトな額面なら知ることができ、例えば坪単価が60万円であるとして建坪が40坪においては2400万円と追加費用ということになります。

それに加えて、輸入に関わらず、大手メーカーで建てた場合、坪単価のアベレージは70万円から80万円ですから、輸入と言って殊更に高いということはありません。

建坪が40坪の輸入の価格は、2000万円~4000万円と捉えてよいでしょう。

 

かつては、輸入品イコールぜいたく品でありましたが、今日では輸入品の方がかえって安いケースもある時代といえます。

輸入住宅に関しては建材を輸入しているから割高ということではなく、頑丈な造りハイレベルなデザインを持つ多機能住宅としての販売価格といえます。

たしかに輸入住宅だからこその難しさもあります。

家具選び、あるいはアフターメンテナンス等ありますが、そうは言っても優秀なデザインと安定した造りと強靭性の高さを考えれば、長期に亘って暮らす家として、さらに子の世代にまで継ぐ家として熟慮する価値が充分にあると言えます。

サイト内検索
輸入住宅関連コラム