口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅の煙突を導入する目的とメリット

輸入住宅を建てるときには煙突を立ててみようと考えるケースも少なくありません。

導入する意味があるのかと悩んでいる人は、一般的にはどんな目的で取り入れられているのかを理解したうえで判断するのが重要になります。

また、そのメリットについても把握することで、作るべきかどうかを決断できるようになりましょう。

 

導入する主な目的を理解しておこう

煙突などなくても良いではないかと思う人もいるかもしれませんが、輸入住宅を建てるときには一度は検討したことがあるというケースが多くなっています。導入する目的には大まかには二つあり、一つ目に挙げられるのが秀逸なデザインに仕上げることです。

輸入住宅は欧米風の建築になるのが一般的で、使用されている住宅素材やエクステリアの様子から見ると煙突が建っているだけで風情があります。周囲の景観との兼ね合いもありますが、日本ではほとんど煙突がない家になっているので一風変わっていて目立つ住宅に仕上げることが可能です。それに見合ったエクステリアを整えることで誰もが目を引くようなデザインに仕立てることもできるでしょう。

もう一つの目的は屋内に暖炉を作るというものです。北米や北欧などの寒い地域では暖炉を設置して家を暖めているケースが多くなっています。暖炉のあるインテリアをデザインするととてもクラシックで欧米らしく、輸入住宅を建てた意義も大きく感じられるでしょう。

輸入住宅の暖房設備は全館空調システムを導入しているケースが多くなっていますが、あくまでこのシステムは冷房のために使うというスタンスでも問題はありません。冬の寒い日には暖炉を焚いて暖まるというのも一興でしょう。炎の力が人に訴えかける力は強く、暖炉を使うだけで心から温まる思いが生まれてきたり、炎の力を受けて情熱的な気持ちが芽生えてきたりすることも珍しくありません。

家族で和やかな雰囲気の下、団欒を楽しめることも多いでしょう。暖炉による温熱効果は遠赤外線による効果もあり、健康にも良いとされています。ただ、設置するためには煙突を立てないと換気が問題になってしまうため、導入を決行するのが一般的なのです。

 

導入するメリットをあらためて理解しよう

煙突を導入するメリットはインテリア、エクステリアを美しく趣がある形に整えられることが主です。日本建築に取り入れてしまうとあまりにマッチしなくてむしろみすぼらしい住宅になってしまうでしょう。

しかし、石造りや最新の住宅素材を利用している輸入住宅の場合には煙突があるだけで見栄えが良くなるケースが多いのです。外から見ても優れていますが、中から見ても風情を感じられるでしょう。

リビングに直結させる方法だけでなく、キッチンにつけるということも可能です。両方とも設置して、排気先は一つに絞り込むということもできるので、いかにしてインテリアを美しくするかという観点から設置しても良いでしょう。

そして、もう一つのメリットは換気性を高められることになります。暖炉を設置できるというのはあくまで一例で、他にも使い方はあります。

一般的な輸入住宅は気密性が高くなっていて、熱交換換気システムを導入しているのが通例です。ただ、これを動かし続けていると電気代がかかるのも確かで、もう少し換気性が高い住宅なら良いのにと思うかもしれません。

基本的には気密性が高い住宅にしてしまうと換気システムを動かし続けなければなりませんが、その基準にわずかに満たないように建てればシステムを稼働させる必要はありません。その際に十分な換気をできるようにするために導入するという方策があるのです。

暖炉はいらないという場合でもキッチンに換気扇を付ける代わりに煙突に直結させる排気口を作るのも良い考え方です。使い方はたくさんあるので魅力が大きい形で導入してメリットを最大化しましょう。

 

依頼するときには業者も厳選しよう

輸入住宅に煙突を導入するときには業者を厳選する必要があります。どの輸入住宅でも取り入れられているわけではないため、業者によって得手不得手があるからです。あまり経験がない業者に頼んでしまうと設置場所の選定が誤っていたり、通気性があまり高くなくて機能に問題が生じてしまうリスクもあります。

費用についても千差万別なので、最終的には相見積もりをしてみたほうが良いでしょう。実績が十分にある業者を選び出すのが何よりも肝心と考え、業者に相談するときには過去の事例を紹介して欲しいと告げるのが賢明な対策です。

 

輸入住宅に煙突を導入する目的は一般的にはデザインを美しくして魅力的なインテリアとエクステリアに仕上げることです。それに加えて暖炉を設置できるのもメリットとして知られていて、家族が団欒するのに適した環境を作り出すことができます。欧米風の建築は気密性が高いのが特徴なので、換気性を高める目的でも機能してくれるでしょう。

導入したいと考えたら業者を厳選するのが重要で、実績が十分にある業者を選べば心配がありません。費用も業者によって異なるので相見積もりをして最終決定をするように心がけましょう。

サイト内検索
輸入住宅関連コラム