口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅づくりの流れを知ろう

住宅を建てる時、国内のメーカーを選ぶ選択肢もありますが、海外にも多くのメーカーがあり、外観などを見ると住みやすそうに感じる建物もあるかもしれません。

いざ海外から購入しよう思ったときにどうするか、流れを知っておきましょう。

 

 

 

 

日本の建築基準法に則っているかの確認

日本の伝統的な街並みといえば京都がありますが、寺社仏閣だけでなく、古くからある住宅なども残っています。

その他、全国には小京都と呼ばれる京都に似た街並みの地域があるので、それらの地域でも見ることができます。

古い日本の住宅の多くは、風通しが良く、天井が高いタイプになります。

ただ、最近は建築技術が向上してきて、気密性が高いなど機能性を重視した住宅が多くなっていますが、あまり外観に特徴がない住宅が多いのも日本の住宅の特徴でもあります。

そこで検討したいのが輸入住宅であり、海外の住宅メーカーの住宅を輸入して建てる方法です。

輸入住宅を作る際の流れとして、注意したいのが日本の建築基準法に則っているかどうかです。

日本は地震が多い国なので、耐震性などの基準が厳しくなっており、あまり地震のない海外の住宅だと、耐震性能の基準が強くないものもあります。

ですので、まずは日本の基準を満たしているかどうかを確認しましょう。

 

日本で実際に建築をしてくれる業者を選ぶ

日本で住宅を購入するとき、新築なら注文住宅や建売があり、中古住宅の購入などもあります。

注文住宅であれば設計士に設計を依頼、それを元に工務店が建設し、建売などは住宅メーカーなどが建てた住宅を購入することになり、建てるのは住宅メーカーが行うことになるでしょう。

住宅を建てる時に、一つの会社だけで建てることは少ないのですが、それぞれの業者にはそれぞれ強みがあり、基礎のみを作る業者、骨組みなどの組み立てを行う業者、さらに水回り工事に強い業者や電気設備を行う業者があります。

そうして色々な業者が作業をすることで一つの家が作られていきます。

輸入住宅造りをするときも、基本的には日本のメーカーを利用して作るのと同じ流れになるのですが、輸入をした後に誰が建物を建てるかが問題となります。

海外のメーカーの中には、日本の業者の中から一定の業者を指定しているところもあるので、その時は指定業者の中から選ぶことになり、特に指定がないのであれば建築をしてくれる工務店などを探します。

すべての工務店が対応してくれるわけではないですが、海外のメーカーから情報を得たりして建ててくれるところもあります。

土地の調査などを行った後に基礎の工事を行い、それらが終わった後に建物を組み立てていき、建物内の水回りや電気工事などは、それぞれ専門の業者に設定してもらいます。

 

希望の内装に合わせて改良などを依頼

輸入住宅造りは海外のメーカーから住宅の本体を輸入して日本で建てていきますが、実際に建てるのは日本の建築会社等が担当することがほとんどになります。

輸入といっても、すべてその通りに建ててもらえるわけではありませんが、希望があればある程度の希望ならば叶えてくれます。

部屋全体を和室にするなどは難しいかもしれませんが、床材を畳にするなどであれば可能かもしれません。

バリアフリーの設備を設置してもらいたいのであれば、それらもつけてもらえるでしょう。

ですので、輸入したままの形でしか建てられないわけではないことを知っておきましょう。

 

上記のことから、海外メーカーの住宅で気に入った住宅が見つかったら、それが日本の建築基準法に準拠しているかどうかを確認しないといけません。

建築自体は日本の業者が行うので、どこに依頼をするのかを決め、内装の希望などがあれば伝えれば対応してもらえるかもしれません。

 

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム