口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅を建てる費用、平均でどれくらい?

お洒落な輸入住宅を建てたいけれども高額なイメージでなかなか踏み切れないという方が少なくありません。
けれども、輸入住宅とは海外からの輸入部材を使用した洋風建築、円相場の変動によって大きく値が変わることも事実です。
円高が進むと輸入住宅の価格も低く設定されるのは当然のことです。
そうはいっても国内企業の輸出安定のために円安の方が好ましいのです。
今後、円相場がどうなるかはわかりませんが、TPPやFTAなど広がる自由貿易の波に乗り輸入住宅の価格も変わってくる可能性があります。
昨今の輸入住宅の平均的な相場は2000万円~4000万円と言われています。

 

輸入住宅の一般的な相場

輸入住宅を建てる費用の一般的な相場として言われているのが2000万円~4000万円です。
価格の開きは建築スタイルの違いや各ハウスメーカーの提示金額によります。
ハウスメーカーによってはそれぞれの土地に応じて坪単価で提示している会社も多く50万円~80万円を中心に安いハウスメーカーで30万円前後ハイグレードを提唱する輸入住宅で坪単価100万円と多岐にわたります。

 

部材による建築費用の違い

建築費用の大半を占めるのが部材価格です。
高価な部材を使用すれば高くなり、安価な部材ならローコストの輸入住宅が建つことになります。

南欧風建築や北欧スタイルのログハウスなどは2000万円~、安価なものは1500万円台で建つこともあります。

これに対し、北米スタイルのレンガ壁の輸入住宅になると4000万円を超えることも少なくありません。

自然を意識させる要素の多い輸入住宅では、天然大径木や無垢材が多用され3000万円~が相場と言われています。
それらの部材を抑えることで低価格化を図ることもできますが、隅々にまで拘るのも輸入住宅を建てる楽しみでもあります。
それぞれのニーズと予算に応じて、ハウスメーカーとの詳細な打ち合わせが必要です。

輸入住宅の中でもとりわけ高価な部類に入る業者の場合、坪単価80万円ほどでしょう。
購入に大きな勇気を必要とします。
それでも、高気密で優れた断熱性を持つ構造と明るい外観に魅了され購入する方が後を絶ちません。

 

坪単価だけではわからない建築費用

ハウスメーカーの多くは建築費用を坪単価で提示しています。
けれども坪単価はあくまでも目安であり、実際の建築費用が単純に坪単価×坪数となるわけではありません。
思いがけない追加工事が発生し見積り額を大きく上回ることもあるので注意が必要です。
また、地域によって坪単価に違いが見られることも忘れてはなりません。
例えば東京近郊で34坪の輸入住宅を建てると2200万円から3500万円かかると言われていますが、大阪近郊に建てるとなると35坪で2000万円から3300万円、さらに東北地方では40坪で1800万円から3000万円と地方になるにつれ安くなっています。
もちろん、地価を除いた上物だけの金額ですが、都会は宅地面積の確保が難しく複雑な宅地も多いため、それだけでコスト高になってしまいます。
また、周辺の交通状況や作業員一人当たりの人件費の違いなどは如実に建築費用に反映されます。

 

モデルハウスや中古物件は安価

輸入住宅が欲しいけれども2000万円~4000万円が相場と聞くと諦めてしまう方も少なくありません。
しかしながら、1000万円台となると購入に踏み切るのではないでしょうか?

1000万円台と2000万円台とでは雲泥の差、1000万円台は一般のサラリーマンの方にとっても無理のない生活サイクルの延長上の金額と言えます。
輸入住宅の中にはモデルハウスとして公開されている物件が多数あります。
そのような物件は立地条件も良く建物の細部にいたるまで配慮がなされています。
販売されるときは新しく建てる場合よりはるかに安く、1500万円~3000万円で購入することができます。
また、中古物件として売り出されている輸入住宅も少なくはありません。
中古とはいえ耐久性の高い輸入住宅であり、輸入住宅の普及もそう昔のことではないので比較的新しい物件になります。
地方や郊外に別宅、別荘として建てた物件などは使用頻度も低いため、程度の良い中古輸入住宅としてリーズナブルな価格で購入することができます。

 

低いランニングコストで採算が合うことも!

輸入住宅の特徴のひとつにあげられるのが気密性の高さです。
窓のペアガラスは当然のこと、分厚い壁は断熱性に優れ高い蓄熱効果をもたらします。
そのため、冷暖房費を低く抑えることができます。
また、地震保険会社の地震被害への危険度調査によると、輸入住宅の2×4工法の危険度比率は非木造(鉄筋コンクリート、鉄骨)住宅に比べて1/4、在来工法と比較すると1/8となり、耐震性の高さが実証されています。
このデータに基づき、輸入住宅の地震保険は比較的低く設定されています。
このようなランニングコストを鑑みると、新築で建てるときに多少高価であったとしても採算を合わせることができるでしょう。
さらに、小さな備品や細部の資材を比較的安価なもので代用し建築コストを抑えるという方法もあります。
いずれにせよ、人生最大の買い物として後悔のない選択が迫られます。

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム