口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅のコラム柱とは何?

一生で一度建てるか建てないかの住宅ですが、どうせならおしゃれでオリジナリティーある我が家にしたいですよね。

海外の住宅のイメージと聞いて思い浮かべるのは正面が円柱の柱に囲まれたいかにも洋風といった、豪華な家を連想したりするのではないでしょうか。

海外の輸入住宅は柱や壁に装飾をしていたり、おしゃれな資材が沢山ありますが、その中でもコラム柱についてご紹介していきます。

 

 

直線の美しい円柱は頑丈でデザイン性が高い

海外のドラマに出てくる住宅や建物に、よく白い円柱の柱が使われているのを、見たことはないでしょうか。

正面や、家の中の見える支柱には溝が彫られていたり、美しい装飾が彫刻されていたりします。

まるで映画に出てきそうな、ギリシャ神殿の柱のようなフルーテッドと呼ばれるデザインだったり、溝がないシンプルなスムーズという柱であったりします。

こちらの柱の資材やサンプルは、海外の注文住宅で種類豊富に見られます。

海外の資材を取り扱う上で注意したいのが日本の気候に合わせた資材を選ぶことが大切ということです。

また、万が一家の修繕が必要になった場合、住宅の完成を保証してくれる制度を取り入れていたり、無料で検診を長期で行っていたりする会社であるか確認しておきましょう。

海外の資材は日本の資材より輸入費もあるので、やや割高になることがありますので、計画的にローンが返済していけるよう、長期固定金利のローンの選択も検討しておきましょう。

 

P柱とC柱は頑丈で住宅の安全を守る

Cとはコラムの略で、建築用語の一つで、英語ではcolumnと言いまして円柱という意味です。

主に建物を支えるコラム柱は、2階3階などの重さを支える役割があり、一階の目立つ場所に作られることが多いです。

Cとは別に、P柱と呼ばれる鉄骨などの頑丈な柱もあります。

こちらは英語でpostと言い、名前の通りポストの角形のような形をしています。

地震などの力を大きく吸収する作用があり、大地震などで建物がすぐに崩れたりするのを防ぐ効果があります。

建築HPでこちらのP柱の特徴を専門用語「塑性変型」と、よく紹介され、壁を付けるための間柱としての役割も担っています。

鉄骨柱などを採用している住宅は、このP柱とC柱で支えられているのです。

元々、輸入品住宅は地震や火災に強い構造で作られています。

 

実績が多く事例紹介をしている会社がおすすめ

実際にデザイン性を重要視した家を建てるとなると洋式の住宅を取り入れている建築会社にお願いすることになります。

実績が多い建築会社は、国内の建築技術と、海外の資材を上手く融合させることができているといえます。

実際に建てた方の家に行ける見学会なども積極的に参加するのも、良いでしょう。

アドバイスや感想などもその場で聞くことができますし、自分の中でイメージも膨らますことができます。

地方の方で、近くに展示場や見学会が行われていない地域は店舗が多く存在している大手の会社を選びましょう。

店舗が多く、会社自体が大きければそれだけ事例の紹介も多くしてもらえます。

大手の会社であれば、サービスや保証も充実しています。

 

コラム柱を採用した憧れの家を建てたいという方の為に建築会社の質は重要です。

また、お客様目線になって、一つ一つの疑問やリクエストに対応できることも大切です。

アフターケアのサポートも自信を持って謳っている会社は信頼ができるでしょう。

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム
輸入住宅関連コラム