口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅の基礎知識

公開日:2019/01/08  

近ごろ、とても人気が高くなっている輸入住宅ですが、どういった住宅のことを意味するのかいまひとつ見当がつかないという方は少なくないでしょう。

日本国内の家屋とどんな部分が異なるのか基礎知識をしっかりと理解することは、実際に建築する上でとても重要になります。

 

輸入住宅の定義および留意すべき点

輸入住宅というキーワードをよく聞くようになってきましたが、現実にどういった住宅のことを意味して言うのか、定義は明白になっていないのが現実の姿といえます。

そういった不確実な基準しかないとなりますと、大切なマイホームを建築するというドリームに、夢のマイホームは輸入でと考えていた人も、案じるかもしれません。

一応、外国からの建築資材を輸入し、該当の国の建築工法のもと、国内に建てられた住宅といえます。

異国で建てられる家と言いましても、国により異なってきますので、理想的な国はどこか、更に該当の国の建築工法と資材は日本の気象状況に合うか否かをチェックしなければなりません。

このポイントで留意しなければならないのは、建築資材をすべてパッケージ輸入するとともに、建築工法に関しても該当の国と同方法を使って建てる家とは言えども、現実の上で建築するのは日本国内の建築関係者ということです。

利用する材料も異なれば、建築工法も変わることから、専門業者選考が大事になることは明らかです。

単純に外観のみが外国の家のように見えるということではなく、室内も日本家屋と異なる住宅にすることが求められます。

スムーズに過ごすことができる確固とした家を建ててくれるのは何処なのかも踏まえて、多角的に熟慮することが求められるといえるでしょう。

 

人気を博している輸入住宅の国と特徴

人気を誇っている輸入住宅の国としましては、大きく分けると北米、北欧、それからログハウスになります。

北米はアメリカ合衆国のワシントンやアイダホといった西部エリアの住宅です。

それに加えて、カナダも北米に含まれることになります。

また、スウェーデンハウスという名前を耳にした方は多いでしょうが、これについては北欧に当てはまります。

スウェーデンやフィンランドというようなとても寒い国で制作される住宅で、欧州スタイルといわれることもあります。

欧州というと、ドイツやスイスに非常に多く見られるレンガ造りを想定しますが、住宅に関しての欧州とは北欧の家を意味します。

さらにログハウスは、北米及び北欧の双方でかねてから存在し、ログ材と呼称される木材を連続的に組みたてていくことで壁を作成する工法で建てられます。

シンプルな工法でありながら、地震に力を発揮する家になるのが主な特徴で日本には相応しいと言えます。

ログ材を編成して壁を作ることから、寒い家が完成する気がしますが、現実には断熱性において優れ、寒い時期は暖かく、暑い季節は涼しい最適な居住空間が生まれるのが素晴らしいところです。

寒さがハードな北欧にも非常に多い住宅ですので、日本国内の北国にもふさわしいと言えるでしょう。

主としてこういった3つから、工法や材料、主な特徴を比較して絞りみます。

 

実際に建築するにあたっての費用

外国から資材を輸入し、日本国内とは異なるオリジナルな建築工法で建築するとなると、やはり気になるのはどの程度のコストが掛かるのかといえます。

そして外見を魅力あるように構築することにもこだわりますので、いずれを見てもかわらない日本国内の家屋の中では、目を引く家になります。

デザインの美しさも考えると、必須コストは高めになると捉えるのが適正です。

オーソドックスな相場としては、2000万円~7000万円程と言われており、相当幅は広いとは言え、一番安い2000万円台というのは想定外だと感じ取る人も多いでしょう。

日本国内の一般的な建売住宅も2000万円台を考えると、迷いなく輸入する住宅を建てようかという考えになるかもしれません。

デザイン性は歩み寄りたくないし、心地良い住環境も譲れないマイホームに、地震に力を発揮する耐震性も求めます。

ついでに夏のシーズンは涼しく、寒い季節は暖かく過ごせればその分光熱費も浮きます。

輸入住宅とは、日本国内にない材料を使い、日本国内の建築工法と違った作成方法によって作り出された家でしょう。

ハードな寒さの中において人々の日々の生活を守るほか、北欧風であればバリアフリーは常識的ですので、どんな人にとっても優しい日々の生活ができる家屋と言えます。

 

輸入住宅は、外国の設計思想の家屋を意味し資材輸入し、日本国内で建てるものです。

ただ単に資材輸入し建築したものではなく外国の設計思想が求められます。

外国の設計と言われると欧州の街並みの外観を想像すると考えられます。

実際のところ、北欧スタイルやアメリカンスタイルがあります。

日本国内にはない外国の建築材料を使用し、その上外国で導入される建築工法により建てられた家屋は、外観も日本の家屋とは異なる特徴をもっています。

サイト内検索
輸入住宅関連コラム