口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅の建築にかかる相場とは?

エレガントな建物を手に入れたいと考えたときに、輸入住宅購入を熟考する方も多いかもしれません。

建物の外観が国内の住宅と異なる独自色があり、インテリア装飾もお洒落です。

そして、アメリカン風や南欧風、北欧風というように、広い範囲に亘るバリエーションがあり、どれも魅力的です。

しかしながら、外国から資材の輸入を行うため、価格が高くなるイメージが強いです。

 

輸入して住宅を建てる際の平均的な価格

洋風の輸入の住宅は凝ったデザイン性が印象的といえます。

外観のみならず、インテリア装飾に関しても日本国内の部材とは違ったものが多数あり、ラグジュアリーな印象を持つ方も多いでしょう。

ドア、あるいは玄関、窓など、通常の場合とは違うものが多いので、売り値の予想がつかないからかも知れません。

一括りに言いますが、バリエーションによって販売価格が違ってきます。

自然の木材やレンガなどをたくさん部材に入れているケースでは高くなったりもします。

およそ2000万円前後~4000万円くらいが上物の平均的な相場になっています。

それに加えて、外国からの輸入による部材を活用することによって建てられる住宅になります。

従いまして、価格には円相場の実態が影響を与えます。

一般的に考えて外国のものが格安で輸入できると言われる円高のタイミングでは部材価格に映し出し、相対的に安い費用で手に入れることができると考えてもいいかもしれません。

 

価格には様々な要素が関係します

多種多様なハウス製造メーカーで輸入住宅を扱っていますが、平均的にチェックすると坪単価に関しては50万から80万円くらいが多いです。

建物を建築する場合に坪単価をものさしにする割合も高いですが、輸入に関しましてはそれだけに惑わされない方がいいと考えられます。

当たり前のことですが、オーソドックスな仕様よりも部材に拘りを持つと、坪単価に関しては高額になります。

日本国内の家屋でも言えますが、外壁やフローリング、壁紙など部材のクラスを高くすればその分だけ単価にも加算されることになって、最後の見積価格をチェックして言葉を失くすこともあるかもしれません。

それに加えて、吹き抜けの部位についても計算上含められる事例もあるので検討するときには、全面的な見積価格、あるいはその内容をしっかり把握しておくことが重要になります。

 

ロープライスに抑制するキーポイント

新築輸入住宅を建築するケースでは、外観のデザイン性やインテリア装飾に対して相当こだわりを持つかもしれないのですが、理想とする姿が膨らむとあれよあれよという間に値段が高くなり、予算範囲内に収まらないこともありえます。

理想とする姿の一切合切に拘りを持つと予算オーバーになってしまうこともよくありますので注意が必要です。

したがって、コストを抑えることを意識することが重要になります。

まずシンプルな構造にすることが大切です。

1階及び2階の型が同様の総2階という単純な構成になると販売価格はリーズナブルに抑えられる可能性が高いでしょう。

それに加えて、輸入している住宅で見られることがある多角形の部屋に関してはオーソドックスな四角形とは異なって、建築に労力とテクニックが求められ費用に影響を及ぼします。

部屋の入口、あるいは通路の形に丸みをもたせる、カーブした階段など、形を変化させると作業のハードルが増し相場よりも坪単価が上昇します。

価格を抑制するには取り組みやすい形にするのが奨励できます。

飾り気の無い形でも輸入建材を用いることにより、ハイレベルな質感を出すことができます。

それから、スタンダードなものを選定することもポイントです。

輸入している住宅では、ナチュラルなデザイン性が非常に多く見られます。

ただし、拘りを持ちすぎると値段が高めになりますので、可能な限りスタンダードなものをチョイスすることが価格を抑える秘訣になります。

床でしたら、無垢材でも樹種によっては額面を抑えることも不可能ではありません。

それに加えて、塗り壁といった職人の労力がかかる壁材より壁紙などをチョイスしたら低プライスとなるでしょう。

外観も窓枠を装飾したりなど、標準的仕様に対してプラスした部材が多いケースでは額面は高くなります。

 

日本国内にいながら外国のムードを感じ取ることができる輸入住宅です。

憧れているけど高嶺の花と考える時代は過去のことです。

値段を下げるキーポイントさえ分かれば、低コストでモダンな住宅に住めるチャンスはあります。

予定している予算が合う時は新築で細部に拘りを持ちプランニングしていくのもとても楽しいでしょう。

予算そのものが膨らまないよう、建築する際の重要度をイメージしておくと、部材選択のときに円滑にプランニングができます。

クオリティーを下げないよう、材料の選定を製造メーカーと相談しつつ進めることは、初期コストを抑えることができるポイントといえます。

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム
輸入住宅関連コラム