口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

平屋の輸入住宅、メリットは?

平屋の輸入住宅には、移動距離に関するメリットがあります。

1階建ての住宅にしておけば、移動する距離も短く済むからです。

また階段はありませんから、足腰が多少弱くても問題なく居住できますし、メンテナンスに関するメリットも大きいです。

移動する距離は短くなるメリット

住宅を検討する際には、しばしば間取りが重視されます。

家事が楽になる間取りを望んでいる方々も少なくありません。

例えばキッチンと浴室との距離で、その2箇所を行き来する頻度は大変多いため、距離が短い方が家事も楽になる傾向があります。

輸入住宅の間取りも同様に、移動距離が長いと大変なのでできるだけ距離を短くしたいと考える人も多いと思われます。

ところで、移動する距離は住宅の階層に左右される一面もあります。

住宅は2階建て以上にする事も可能なので、ある程度の広さを確保したい時は2階建てが検討される事もよくあります。

しかし2階建てにしてしまうと、必然的に移動距離も長くなってしまい、毎日のように家の中を掃除する事を考えると1階から2階に移動する大変さは想像に難くありません。

もちろん家事の労力も大くなってしまうことが想定されるので、それならば最初から1階建てにする選択肢もあります。

1階だけの平屋の造りにしておけばわざわざ2階まで移動する必要はありませんし、掃除や家事のストレスも溜まりづらくなるという点がメリットと言えるでしょう。

段差が無いので足腰が弱くても楽に移動できる

年齢が高めな方々は、たまに移動するのに苦労しています。

若い頃と比べると足腰が衰えてしまい、階段を踏み外してしまうというトラブルもよくあります。

トラブルに至らないとしても移動する労力の問題もあり、足腰が弱い状態なら1階から2階に移動するのは大変だと言えるでしょう。

しかし、それは2階建ての住宅の場合であり、1階建ての住宅なら話はまた大きく変わってきます。

1階建てなら、そもそも階段はありませんし、床一面がフラットな構造になっていますからわざわざ大変な思いをして移動する必要はありません。

そのため家族が高齢になってきた時にはよく平屋の輸入住宅が検討されており、時には床を完全にフラットな状態にして、バリアフリー構造にしている事もあります。

つまり「段差が無い」のが、平屋の住宅のメリットの1つということになります。

足腰が少々弱い家族がいるなら、前向きに検討してみる価値があります。

足場は不要なのでメンテナンス費用を抑えられる

また1階建ての住宅には、メンテナンスに関するメリットがあり、特に輸入の住宅にとっては、このメリットは大きいです。

そもそも輸入の住宅は頻度多くメンテナンスが行われる傾向があり、海外住宅の場合5年に一度ぐらいはメンテナンスするのが前提になっています。

海外の住宅は、もともと耐用年数も比較的長いので、メンテナンスによってさらに寿命を長くする事もできます。

例えば買ったばかりの頃の耐用年数は50年でも、メンテナンス次第で100年にまで引き延ばす事も可能なので、1つの住宅を長く使い続けたい場合はメンテナンスも頻度多く行われる事になります。

ただし、メンテナンスを行う場合は専門の業者にメンテナンスを依頼する訳ですから、どうしても料金を支払う事になります。

このメンテンナンスにおける費用は、階層に左右される一面があります。

1階建ての住宅と比べると、2階や3階など階層が高めな建物は足場も組む必要があるため、メンテナンスの費用も高く付く事が多いです。

現にメンテナンスの業者から提示される見積書を確認してみると、料金内訳に足場と書かれている事もよくあります。

しかし1階建ての住宅なら、わざわざ足場を組む必要はないのでメンテナンスのコストを抑える事もできます。

輸入の住宅は何回もメンテナンスする訳ですからコストを抑えられるメリットは大きいです。

 

このように平屋の輸入住宅には、いくつかメリットがあります。

普段の生活で移動する距離は短くなりますし、たとえ足腰が弱くても楽に移動できる上に、足場を組む必要もないのでメンテナンス費用も安く抑える事ができます。

楽に住める住宅にしたいなら、ぜひ平屋を検討してみてください。

サイト内検索
輸入住宅関連コラム