口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅を購入するメリットとは?

輸入住宅を購入するメリットとは?

ライフスタイルの欧米化が進み、輸入住宅を建てる方が増えてきました。
その主な理由はファッショナブルな外観と広い間取りの機能性によります。
食事は座卓から椅子テーブルへ、暖房は炬燵からエアコンへ、椅子に座ることが増え立って移動することの多くなった屋内には広々とした空間が求められ、天井には高さが必要となりました。
これらのニーズを満たすのが輸入住宅です。
輸入住宅を求める方が増えているのは自然なことなのです。

 

それぞれに培われてきた輸入住宅のメリット

住居の購入は人生最大の買い物になります。
お気に入りのオリジナルであることはもちろん、ずっと安心して暮らせる家を選びたいものです。
30年住宅と言われてきた日本の住宅に比べ、建て替えや移動の少ない海外の住宅は寿命が長いことで知られています。
100年住宅と言われる輸入住宅は一過性の流行に流されることなく、それぞれの地で気候風土に適したデザインや構造で受け継がれてきました。
スウェーデン住宅や北米風、あるいは地中海風の住宅が若い世代の人気を集めています。
人気の秘密はそのお洒落で個性的な外観。
強いオリジナリティを持ちながらも周囲と調和するデザインの輸入住宅を見かけることがずいぶん多くなりました。
もちろん、外観の良さだけで輸入住宅を購入するわけではありません。
森の中に佇むフィンランドログハウスは蓄熱に優れ、雪深い日にも多くの友人を呼びたくなる一軒です。
また、南欧建築の白い壁は強い太陽光を反射させ遮熱効果があります。
輸入住宅にはそれぞれの地域において長年受け継がれてきたさまざまなメリットがあるのです。

 

お洒落な外観

〇メリット

輸入住宅の最大のメリットはそのお洒落で個性的な外観です。
南欧風の明るい家やメルヘンチックなレンガ造り、あるいはフィンランドのログハウスやスウェーデンハウスなどそれぞれの国や地域により色も形も異なります。
周囲と異なるお洒落な外観はひとつのステータスでもあり、周囲を巻き込んだ美観の象徴ともなります。
一生一度の買い物ならお仕着せの無難な家より、可愛くお洒落に冒険を!と輸入住宅の購入に踏み切る方が多くなっています。

 

高気密で断熱性に優れている

〇特徴

輸入住宅の特徴は高気密で断熱性に優れていることです。
建築物というものはその気候風土に合わせて作られるものです。
比較的湿潤で雨の多い日本の建築物は、湿度が籠もりカビが発生することを防ぐため風通しよく作られることが一般的でした。
断熱性に乏しい建築物は蓄熱に対して弱く、常時エアコンやストーブを稼働していなければならない住宅がほとんどです。
絶え間ないエネルギー消費はヒートアイランド現象の原因のひとつでもあります。
これに比して輸入住宅は高気密で断熱性に優れています。

特に北米や北欧など、寒暖の差の激しい地域で育まれてきた建築様式は厚みのある壁で蓄熱性に優れ、冬の寒さや夏の暑さに対して大きな効力を発揮します。
高い気密性と断熱性は空気の乾いた欧米ならではの建築様式で、湿潤な日本には疑問視されてきましたが、現代ではほぼすべての住宅に空調設備が整っています。
適度な換気調整や除湿器などにより湿度対策は万全です。
高い断熱効果はエネルギーロスを抑え、快適な生活を約束します。

 

2×4工法による揺れへの対処

地震の多い日本において地震対策は住宅建築の必須項目。
多くの教訓をもとに建築基準法における耐震構造基準が見直されてきました。
中でもエポックとなったのが1978年の宮城沖地震と1996年の阪神淡路大震災です。
それぞれ建築基準法の抜本的な改正を迫られる災害となりました。
その後も災害を経験するたびに改正は繰り返され現在進行形と言えます。
そのような中で1970年代に欧米から輸入された2×4工法は地震に強い構造として注目を浴び、それぞれの災害においても耐震性の強さが実証されてきました。
輸入住宅の建築工法は六つの壁面で躯体を支える2×4工法。
確かな耐震性は輸入住宅を購入する大きなメリットです。

 

自遊空間となる広い間取り

輸入住宅における2×4工法の壁面構造は柱や梁を必要としないため、広い間取りが可能となりました。
従来の日本建築は軸組み工法、柱や梁、筋交いにより建築躯体を支える工法です。
軸組み工法では柱が多く必要なため、それに応じた間取りで屋内は小さく区切られることが一般的でした。
食堂、茶の間、子供部屋A、子供部屋Bといった間取りは家庭内において子供の自主性を育てる反面、閉鎖的になる傾向もありました。
一方、輸入住宅には広いリビングと吹き抜けを売りとしている建築物が多く見られます。
柱を必要としない2×4工法では小さく区切る必要がないからです。
むやみに区切らない広々とした構造は隅々にまで目を配ることを可能にし、家族内の孤立を防ぐことに大いに貢献しました。
さらに、冷暖房を屋内全体で共有使用することによって光熱費が大幅に削減されたという声も聞かれます。
輸入住宅の高気密における断熱と蓄熱は、家族愛を育むことにも大きな効果を発揮しています。

 

モデルチェンジの少ないメリット

輸入住宅を購入する唯一のデメリットと言えるのが部品の調達です。
特にドアノブや蝶番などの金具類は特殊なものが多く、取り寄せるためにまずその名前を調べることから始めなければならないということもあります。
しかしながら、ほとんどモデルチェンジすることがないという点が輸入住宅のメリット。
部品が在庫切れになることはありません。
頻繁にモデルチェンジを繰り返し、部品が製造中止となる国内住宅よりはるかに安心できると言えます。
オリジナリティ溢れるお洒落な金具は輸入住宅の大切なアクセントです。

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム