口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅とは何?

輸入住宅とは何?

 

最近、非常に人気が高まっている輸入住宅ですが、どのような住宅のことを指すのか今一つよくわからないという人は多いでしょう。
日本の家屋とどんなところが違うのか、詳しく見ていくと興味がわいてくるかもしれません。

 

そもそもどんな住宅なのかから知ろう

輸入住宅という言葉をよく耳にするようになりましたが、具体的にどのような住宅のことを指して言うのか、定義ははっきりしていないのが実情です。
そんな曖昧な基準しかないとなると、大事なマイホームを建てるという夢に、憧れのマイホームは輸入住宅でと決めていた人も、いささか不安に感じるかもしれません。
社団法人の輸入住宅産業協議会では、海外からの建築資材をパッケージで輸入し、その国の建築工法のもと、日本国内に建てられた住宅のことと定義づけをしています。
海外で建てられる家といっても、国によってそれぞれに違いがありますので、もっとも理想的だと感じる家を建てている国はどこなのか、さらにその国の建築工法と資材は日本の国の気候や風土に合うかどうかを、細部にわたって調べなければなりません。
ここで気を付けなければならないのは、建築資材を丸ごとパッケージ輸入するとともに、建築工法もその国と同じ方法を用いて建てる家とはいえ、実際に建てるのは日本の建築関係者であるということです。
使う材料も違えば、建築工法も異なるということから、業者選びが非常に重要になることは明白です。
単に外観だけが海外の家のように見えるというのではなく、内部も明らかに日本家屋とは違う住宅にする必要があります。
安心して暮らせるしっかりとした家を建ててくれるのはどこなのかも踏まえて、多方面から検討することが求められるといっていいでしょう。

 

まずは国を絞り込むところから始めよう

人気のある輸入住宅の国としては、ざっくり分けていくと北米風北欧風、そしてログハウス風といったところです。
北米に該当するのはアメリカの首都ワシントンやアイダホなどの主にアメリカ西部エリアの住宅で、西部開拓史の舞台となった町の住宅であるところが魅力です。
また、カナダの住宅も北米風に含まれます。
スウェーデンハウスという名を聞いたことがある人は多いでしょうが、こちらは北欧風に該当します。
スウェーデンやフィンランドといった寒い国で作られる住宅で、ヨーロッパスタイルという言い方がされることもあります。
ヨーロッパというと、ドイツやスイスに多く見られるおもちゃ箱のようなレンガ造りの建物を思い浮かべますが、住宅に関するヨーロッパとは北欧の国の家のことを意味します。
ログハウス風は、北米と北欧の両方に昔から存在し、ログ材と呼ばれる木材を交互に組んでいくことで壁を作る建築工法で建てられる住宅です。
非常にシンプルな建築工法でありながら、地震に強い家になるのが特徴で、地震国である日本には最適と言えます。
ログ材を組んで壁を作るため、なんだか寒い家が出来上がりそうな気がしますが、実際には断熱性に優れ、冬は暖かく、夏は涼しい理想的な居住空間が生まれるのが魅力です。
寒さが厳しい北欧にも多い住宅ですので、日本の北国にも適していると言われると、なんだか意外な気がするという人も多いことでしょう。
主にこれら3つの中から、建築工法や素材、特徴を比較検討して、どの住宅を建てるかを絞り込んでいきます。

 

ローコストで建てることは可能なのか

海外からすべての資材をパッケージで輸入し、日本とは違う独自の建築工法で家を建てるとなると、どうしても気になるのがどのくらいの費用が掛かるのかです。
輸入住宅は見た目を美しく作ることにもこだわりますので、どれを見ても同じような日本の家屋の中では、ひときわ目立つ家になるに違いありません。
デザイン性の美しさも考慮すると、やはり費用は高めになると考えるのが妥当です。
一般的な相場としては、2000万円から7000万円程度と言われており、かなり幅は広いものの、最低価格の2000万円台というのは意外だと感じる人も多かったのではないでしょうか。
日本の平均的な建売住宅も2000万円台であることを考えると、思い切って輸入住宅を建てようかという気になるかもしれません。
デザインは妥協したくないし、快適な住み心地も譲れないマイホームには、地震に強い耐震性も求めます。
さらに夏は涼しく、冬は暖かく過ごせればその分だけ光熱費も浮いてきます。

輸入住宅とは何かと聞かれたら、一言でいうなら日本にはない素材を使い、日本の建築工法とは異なる作り方によって生まれた家でしょう。
厳しい寒さの中で人々の暮らしを守るほか、福祉国家である北欧風を選ぶのであればバリアフリーは当たり前ですので、誰にとっても優しい暮らしができる住宅とも言えます。

〇まとめ
日本にはない海外の建築材料を使い、さらに海外で用いられる建築工法によって建てられた家は、外観も日本の住宅とはまるで違います。
輸入住宅とは何かという質問は絶えませんが、この何もかも違うという点こそが輸入住宅とは何かの答えと言っていいでしょう。

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム