口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅を建てるには年収どれくらいが目安?

輸入住宅を建てるには年収どれくらいが目安?

輸入住宅を建てるときにかかる費用は家の本体価格に地価、さらに外構整備の費用などが加味されます。
諸経費を含めると1.2~1.5倍の価格となり、稀に2倍近い数値を示すこともあります。
中でも土地の値段は地域によって大きな開きがあり、輸入住宅を建てるときの最大のポイントと言えます。
さまざまな要素を考慮に入れると、2000万円から4000万円を相場とする輸入住宅を建てる際にかかる費用は、2500万円~6000万円ということになります。
住宅ローンを組む方を前提にお話させて頂くとすると、住宅の購入金額は年収の5倍以内が理想とされていることから輸入住宅を建てる方の年収は500万円~という数値が導き出されます。

 

年収500万円が普通の暮らし?

結婚相談所などでは、女性の方に男性を紹介するときに年収をひとつの目安とします。
そのデータによると普通の生活を営めるのが500万円それ以下の年収の男性と結婚すると生活にいくらかの我慢が必要となり、500万円以上の年収の方と結婚すると余裕の暮らしができると案内されます。
どの辺りを普通と呼ぶかはわかりませんが、欲望に限りはないので我慢と余裕が交互に現れるのが生活なのかもしれません。
とはいえ、結婚相談所においても年収500万円がひとつの目安となっているということは年収500万円の方の比率がもっとも多く、輸入住宅を建てることのできる年収の方が多数いるということになります。
つまり、年収500万円が、幸せな家庭生活のひとつの目安となっているということです。

 

年収に応じた返済計画を立てる

輸入住宅購入者の年収500万円はあくまでも目安、机上の理想に過ぎません。
現実はプラスにもマイナスにも作用し生活を翻弄します。
子供の成長や物価の変動により生活スタイルが変わっていくこともあり、住宅ローンを組む際にあらかじめ考慮しておく必要があります。
また、金融市場の相場はすみやかに住宅ローン金利に反映されるため、金利低下に伴う見直しを検討することもあり得ます。
ご自分の年収に応じた返済方法を選択し、柔軟に生活していくことによって、夢の輸入住宅を建てることはそう難しいことではありません。

 

スウェーデンハウスも購入可能?

輸入住宅の中でもとりわけ高価格と言われているのがスウェーデンハウスです。
スウェーデンハウスの持つ高級イメージはブランド化されつつあり、それゆえに妥協のないワングレードの高品質を保っているとも言えます。
坪単価で70万円~100万円と言われるスウェーデンハウスの建築費用は4000万円~7000万円、その1/5を年収とすると800万円以上となります。
低所得者と富裕層との格差が拡がりつつある時代ですが年収800万円を富裕層とみなすかどうかは定かではありません。
せめてもの基準は結婚相談所における普通水準が年収500万円ということでしょうか。
そうなるとスウェーデンハウスは庶民に手の届きにくい家となります。
しかしながら、家を建てるということは一世一代の大仕事。
少々の我慢を強いられても後悔のない選択をしたくなるのは当然のことです。
輸入住宅メーカーもせっかくのお客様を年収によって差別するようなことはしません。
夢の実現のための相談に乗ってくれることはもちろん、さまざまなプランを紹介し柔軟に対応してくれます。

 

年収はローン審査の基準

年収は住宅ローンを組む際の金融機関の審査基準となるものであり、あくまでも目安に過ぎません。
金融機関の審査を通過しなければ自ずと輸入住宅を建てることはできなくなります。
背伸びする必要はありませんが、高い身長をあえて低く見せることもありません。
家と建てるときの年収と、その先の未来の年収は異なるものです。
年収400万円でも建てることのできる輸入住宅はありますし、月収25万円でも輸入住宅を購入することは可能です。
ハウスメーカーの選択や建てる土地によって価格も異なり、輸入住宅を建てるコストの削減方法は少なくありません。
オンリーワンの家を建てるために必要なのは希望と情熱、そしてちょっとした工夫です。

 

住宅ローン審査を通過するために

輸入住宅を建てるために必要な資格もなければ必ず年収1000万円が必要というわけではありません。
そうかといって背伸びしすぎても後から苦しい思いをするばかりです。
要は購入する住宅の価格に応じた詳細な返済計画を立てることができればいいのです。
金融機関におけるローン審査は余裕を持って返済できるように厳しい基準が設けられています。
たとえば年収200万円の方なら月々の返済額を4万円前後とし、1000万円強の住宅ローン、年収500万円で月に10万円の返済で3500万円の住宅までなら安全圏とされています。
ただし、他にローンを組んでいないこと、眠っているクレジットカードがないことや税金の滞納がないことは必須条件です。
年収を夫婦合算で申請する方法や複数世帯にわたってローンを組む方法、頭金の額をできるだけ多くしておくなど、輸入住宅を購入する方法はたくさんあるのです。
二世帯にわたって支払いを続けることも、100年住宅と言われる耐久性の強い輸入住宅を建てるということであれば苦ではなく、むしろ楽しみにすらなり得ます。

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム