口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅の基本性能は高い?


住宅を建てる時まずは日本のメーカーの住宅を考えるでしょうが、海外にも多くのメーカーがあることを知っておきましょう。
気になるのは海外のメーカーの住宅が日本のメーカーの住宅よりも優れているかどうかでしょう。

 

北欧のメーカーは寒さに強い住宅

日本は南北に細長い国です。北は北海道から南は沖縄地方まであり、北海道と沖縄ではかなり気温などが異なります。北海道は秋の終わりごろから春の中頃まで半年近く雪の中での生活になります。一方で夏はそれほど暑くなりません。沖縄は1年を通じて温暖で、冬は寒過ぎず、夏も暑すぎず非常に住みやすいところです。

では本州などはどうかですが、冬はそれなりに寒くなりますし、夏は都市部はかなり暑くなります。四季によって結構温度変化があると言えるかもしれません。住宅を建てる時にはできるだけ温度や湿度の変化に耐えられるタイプを建てたいでしょう。

そこで利用を検討したいのが輸入住宅になります。世界にたくさんのメーカーがありますが、気候に対する基本性能が高いとなると北欧のメーカーが良いかもしれません。北欧は日本の北海道に近い気候の地域で、冬はかなり寒くなり夏は比較的涼しく過ごせるところです。雪なども降る地域なので、住宅においては寒さや雪に対応できるようになっています。機密性が高くなっているので、窓などをきちんと閉めれば後は暖房などをするだけで家の中で暖かく過ごすことができます。

機密性の高さは夏においてもいい効果が得られます。夏は外からの熱を遮ってくれますし、家の中でエアコンをつければ涼しい状態をキープできます。気候の変化が激しい所でも住みやすくなるような仕組みが用意されています。木材をふんだんに使ったタイプが多く、日本の家屋に似た部分もあります。

 

ツーバイフォー住宅は耐震性が高い

日本において木造の住宅を建てる時、まずは基礎を作ります。そして基礎の上に柱を立てていきます。縦の柱を建てた後に横の柱をつないでいき、二階建てなどであれば柱の上に柱をつなげたりしていきます。最近は耐震性を増すために斜めに柱を入れることもあるようです。柱が組みあがれば柱の間に壁材を入れて部屋を作っていきます。柱が中心の住宅になるでしょう。これは在来工法と言われる工法で一般的な日本家屋はこの方法で建てられることが多くなります。

では海外からの輸入住宅はどんな工法が取られるかですが、ツーバイフォー工法が取られることが多くなります。ツーバイフォーは柱の太さを表し、この柱で一つの部屋を作っていくことからそう呼ばれています。柱が太くなるツーバイシックス、ツーバイエイト等の工法も基本的には同じです。この工法で建てた重額の基本性能として耐震性に優れているところがあります。日本は地震大国ですから、地震によって建物が崩れない建物が求められます。

しかし柱を中心にした建て方だとどうしても横揺れなどに弱く、柱を多くするなどしないと耐震性が増しません。ツーバイフォー工法は柱と壁で一つの部屋を作り、それを組み合わせていきます。部屋自体がすでに耐震性が強いので、それを組み合わせるとさらに地震でも倒壊しにくくなります。

さらにこの工法は組立が非常に楽とされています。熟練の技術を必要としないので、建てられた後のトラブルが起きにくい建て方と言えるかもしれません。

 

耐火性が強い仕組みなので安心感がある

日本において、江戸時代にはかなり火事があったとの記録があります。江戸の町は多くの人が暮らしていましたが、木造の住宅が所狭しと並んでいる状態でした。ある家で火が出ると、どんどん隣に移っていき、そのために大火事になったとされます。火消と呼ばれる仕事があったようですが、水で火を消すのではなくて延焼を防ぐために家屋を壊すのが主な仕事になっていたようです。

その歴史があるために、日本で住宅を建てる時には、防火のための仕組みが整っているかどうかは非常に重要になります。一定の地区で住宅を建てる時には、一定の防火基準を備えていないといけなかったりします。輸入住宅となると海外の基準で作られているので、防火に対する基本性能がどうなっているのか気になるかもしれません。すべての住宅が該当するわけではないでしょうが、ツーバイフォー工法で建てられる住宅においては一定の仕組みが用意されています。

この工法においては、部屋をどんどん組み合わせていく建て方になります。部屋を組み合わせる時に部屋と部屋を直接つなぐのではなく、間に石膏ボードを噛ませて組んでいきます。この石膏ボードには耐火性能があるため、ある部屋で火事の状態になっても他の部屋への広がりがしにくくなっています。キッチンなどで火が出たとしても、扉をきちんと閉めていればそれ以上他の部屋への燃え広がりを防いでくれます。あくまでも防ぐだけなので消火は必要になりますが、通常の住宅よりも燃え広がるスピードが遅くなります。

 

北欧は非常に寒いので、北欧のメーカーの住宅は防寒性が高くなるなどのメリットがあります。海外の工法としてはツーバイフォー工法が多くなりますが、この工法は地震に強いとされています。耐火の能力も高い住宅になります。

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム