口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅の基準とは?

公開日:2019/01/08  

輸入住宅が好きな人は多く、家を建てるならぜひこのスタイルにしたいという人もいます。

輸入住宅の定義は明確ではありませんが、一般的に海外の設計思想や基準によって輸入し国内に建築するものとして取り扱われています。

 

北アメリカや北欧から輸入されています

輸入住宅の部材として主に北アメリカや北欧などから輸入されています。

資材別やパッケージで輸入され、輸入先によってはインテリアや外観・装飾などにやや違いがあります。

北アメリカ系はヨーロッパからアメリカ大陸に移住した人の家がベースになっているので、イギリスやフランス・スペインなどのいろいろな国の特徴があり多種多様です。

特にアーリーアメリカンの人気は高く、好んで建築している人が多くいます。

スウェーデンなどの北欧スタイルをデザインした住宅も多く、北アメリカタイプよりも断熱材が厚く窓は三層を基準としています。

高い断熱性や気密性を発揮することができるでしょう。

重厚感があり素朴さも感じることができるので、温かみのあるデザインになっています。

日本の場合910mmや1000mmを基準として施工されていますが、北アメリカ系の場合1220mmを採用していて、北欧系の場合1200mmを採用している住宅メーカーが多いです。

廊下や部屋が広くなり間仕切りが少ないので、日本のものより開放的なスペースを体験することができます。

以前よりも日本の住宅性能は格段に高くなりましたが、輸入住宅の機能性やデザインなどはあまり変化がありません。

広々としたスペースが印象的で、時間が経過してもきれいに感じることができリラックスすることができる空間に魅力があります。

 

自然の温もりを感じることができます

いろいろな魅力があり、例えば基本性能の高さやデザイン性、ゆったりとした空間などがあげられます。

基本性能は断熱や気密性、耐震性や耐久性などのことで、毎日の住み心地を左右する大事な性能です。

日本で注目されるようになったのは1990年代頃で、複層ガラスの窓を採用しており一般的な家よりも断熱材が厚く、夏は涼しく冬は暖かいと呼ばれていました。

まるで箱のように面でサポートする構造になっており、耐震性に優れているので地震の多い日本にも向いています。

海外の場合住み替えるのに自宅を売却したり住み継ぐことが多く、かなり耐久性が求められています。

「ファイヤーストップ」と呼ばれている施工方法などがあり、もし火事になったとしても燃え広がらないようにすることが可能です。

早い段階からバリアフリーが取り入れられていて、家の中に段差がなく暮らしやすいと評判でした。

基本性能の高さから評価している人が多く、幅広い世代から人気があります。

北アメリカ系や北欧系などの基本的なデザインはどれだけ歳月が経ったとしてもほとんど変わりません。

木の風合いなどを活かした部屋になっていて、モールディングなどが特に好まれています。

自然を感じることができる無垢のフロアや収納など、素材の質感を感じることができるでしょう。

 

ツーバイフォーなどの工法があります

輸入先によって少し基準や工法が異なり、例えば北アメリカ系の場合、だいたい2×4(ツーバイフォー)工法になっています。

特定の規格材や合板を使い壁を作ります。

6面を組み上げるので枠組み壁工法と呼ばれています。

北欧系の場合はパネル工法です。

基本的に2×4工法と同じで、工場において生産されたパネルを現場に運び組み立てていきます。

海外でパネルを生産し輸入してから建築するメーカーもあるでしょう。

丸太組構法やポスト&ビームの場合、ログハウスなどに見られるような丸太を積み上げる丸太組構法です。

柱や梁でサポートするポスト&ビームもあります。

いろいろな工法やデザインなどがあるので、好きなものを選択することが可能です。

検討している人は各メーカーが実際施工した例などを調べたり、自分のライフスタイルに合っているか確認してから建築すると良いでしょう。

建築した後メンテナンスも重要です。

アフターフォローや定期的な点検など、建築した後も対応してくれたり保証があるかチェックしておくことをおすすめします。

修繕したりパーツ交換が必要な場合、日本の部材なども取り入れることができるなど、長く暮らせるような住宅を建てておくと便利です。

 

輸入住宅は主に北アメリカや北欧などから輸入された部材を使って建築されています。

資材別やパッケージなどによって輸入されており、輸入先によってインテリアや装飾などに違いがあるでしょう。

いろいろな魅力がありますが、基本性能が高かったりデザイン性に優れています。

ゆったりとしたスペースを作ることができ、自然の温もりを感じることができます。

断熱や気密性などに優れていて、耐震性や耐久性なども十分備わっています。

自然を感じる無垢のフロアなど、素材の質感を味わうことができるでしょう。

定期的なメンテナンスが重要になるので、家を建てる際はアフターフォローや定期点検なども考慮することをおすすめします。

きちんとメンテナンスすることによって長く暮らすことが可能です。

サイト内検索
輸入住宅関連コラム