口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

輸入住宅は耐久性に優れている?

50年住宅とも言われていて、強靭性の高さがアピールポイントの輸入住宅ですが、耐久性に優れているかどうかという点を気にしている人は多いでしょう。

しかし、住宅はメンテナンスが一切必要とされないわけではありません。

日頃の掃除、あるいはワックスがけなどは当然のこととして、塗料の強靭性にふさわしい塗り替えや古くなった窓枠の交換などまめに確かめなければならないことはいくつも存在します。

必要に応じたメンテナンスをしっかりやることで50年住宅を60年、そして100年住宅にさえできるはずです。

バランスのとれた間隔でメンテナンスを行うこと、家と手抜かりのないように付き合っていくことが長持ちのポイントです。

北欧並びにカナダなどでは、オーナーが当然の職務としてメンテナンスを行い家を守ってくれています。

定期的なメンテナンスが耐久性に影響します

耐用年数の長さに関しては基本的に家を選ぶ上での一つの基準といえます。

ただし、メンテナンスを実行しなければ老朽化が早まってしまうことは自明の理と言え、念入りなメンテナンスがより寿命を延ばすことになります。

住宅に関しては個々の箇所によって利用頻度が相違し、損傷の度合いも異なることになります。

それに加えて、日照時間もしくは風雨の受け具合によって劣化が進むケースもあり、一括りにしてメンテナンスのタイミングを確定することはできません。

とは言え、ベースとして5年、10年の決まった期間ごとのチェックを通じて、損傷にスピーディーに気付き手早い対応を行うことができます。

建てたメーカーのサポート体制として定期点検がセットされているケースもありますが、自らが常に注意を注いでおく必要があります。

家屋の中で痛みやすい部分について

一軒家は腐朽のとても激しい部分と、新築当時と変わらない部分があります。

とりわけ陽を受ける外壁や風雪を受ける壁等の痛み具合は早いといえるので、 台風もしくは大雨の後など周囲を観察し、被害を被っていないか劣化具合はどうなっているか、しっかりと点検しておくことが大切です。

それに加えて、玄関ドア並びになどは使用頻度が非常に高く劣化しやすいポイントです。

従って、メンテナンスを怠ってしまうと家全体がみすぼらしく見える上に、まわりへ与えるイメージも悪くなってしまいます。

耐用年数の長さがアピールポイントの輸入住宅のため、外観においてはとりわけ気をつけたいものです。

玄関ドアは使用頻度がとても高く、大勢の人の目に曝されることからも、輸入住宅を買い入れるときに玄関ドアのデザイン性が決め手になったという人は珍しくありません。

輸入の玄関ドアは無垢材を用いているケースが多く、湿度により膨張するケースもあります。

乾湿に因る伸縮の度合いは先だって考えられてはいますが、甚だしい高湿や経年劣化により開閉そのものが難しくなることがあります。

以上のような場合、蝶番の調整によって処置できることもありますが、切削を要する場合もあるのでとりあえずは施工業者に相談を持ち掛けることが大切となります。

また、国産との一番の違いは窓の形といえます。

ベイウインドウ、あるいはオーニング式、ケースメントという開き窓が非常に多く、メカニズムも複雑になっています。

開閉スタイルの窓はスライド式の窓にくらべて損傷しがちな傾向にあり、非常に強い風で閉じたり歪んだりすることも見受けられます。

加えて、窓枠にも無垢材が利用されることが多く、湿度により膨らんだり縮んだりすることになります。

一定期間ごとの塗装も求められますが、不便が生じるときにはメーカーに対して相談を持ち掛け、樹脂製の窓枠にチェンジするなどの効果的な対策も肝要になってきます。

また、塗装も重要な観点であり、 塗料の耐久年数は7年から10年、値段の高い塗料で20年持つと評されています。

一定期間ごとの塗り替えを実施することで建物そのものの耐久性を高めることが不可能ではありません。

更に、今では外部で木材を要するポイントに複合素材を活用するメーカーも少なくありません。家屋の中で痛み易い部分をしっかりと手入れすることで、耐久性を高めることができます。

メンテナンスをエンジョイする生活が基本

海外のドラマでよく見るシーンとして、芝生を刈っている局面、バケツを持参して壁を塗装している局面です。

外国では家の持ち主がDIYをすることが当たり前になります。

あらためていうまでもなく、基礎体力と経験と近所迷惑に巻き込まれない程の広大なスペースと時間があるからこそできるといえます。

しかしながら、DIYというキーワードそのものが日々の生活の中に行き渡り、個人的な趣味としてお休みの日をDIYに注力されている人もいます。

一般的に市場に出回っているDIYグッズなども広範囲にわたって、建築金物などもスタイリッシュでロープライスのものがあります。

手を煩わせることなくできそうなメンテナンスも少ないとは言えません。

家屋のメンテナンスを含め日々の生活をエンジョイすることが、輸入住宅を踏まえてのセンスが良いライフスタイルとも考えられます。

 

輸入住宅は、外国の住文化をベースとしたもので、耐用年数は日本国内にくらべて長いと言われています。

アメリカやヨーロッパの住文化は、世代を越えた資産という捉え方をベースにして、建て替える国内の住文化とは異なります。

家が老朽化しても建て替えではなく、メンテナンスを行って子へと継ぎ、資産を次世代へ残す文化となっています。

このことからも、耐久性を考えるにあたっては小まめなメンテナンスが重要だといえるのです。

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム
輸入住宅関連コラム