口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

三階建ての輸入住宅の費用はどれくらいかかる?

敷地面積をフルに有効活用するための選択肢のひとつとして、 三階建ての輸入住宅が注目を集めています。

ただ気になるのは、一般的な二階建て住宅と比較した場合の費用の差でしょう。

ここでは一般的な三階建ての輸入住宅の費用相場について解説します。

 

三階建て住宅のメリットを紹介します

三階建てを選ぶ一番のメリットは、限られた敷地面積を隅々まで生かせることです。もちろん法的な制限がありますし立地によってさまざまな条件はありますが、例え狭い土地でも部屋数が確保できるのは大きな魅力でしょう。家族構成が変化しても柔軟に対応できますし、限られた予算内で土地も居住空間も確保できるのは三階建てのメリットです。

単純に床面積が増えますので各フロアに余裕を持たせた間取りができますし、収納スペースを十分確保することもできます。書斎を構えたりプライベートなシアタールームを作ったりして、趣味を満喫する人も少なくありません。また、一階をビルトインガレージにして車の趣味を満喫したり、駐車場代を節約したりするアイデアもあるでしょう。

そして建築的観点から言えば採光の自由度が高くなる分、窓の配置を工夫すれば自然光をふんだんに取り入れた明るい家を作ることもできます。一階を店舗やワークショップにしたり、世帯バランスを考慮した2世帯住宅にすることも可能です。

 

三階建ての輸入住宅の費用相場には幅があります

それでは三階建ての輸入住宅の建築事例を見てみましょう。住宅の本体価格をざっと調べた限りでは、現在1.000万円台から3.000万円台のものが主流になっています。かなり幅があるので何とも言えませんが、中心の価格帯は2.500万円から3.500万円といったところでしょうか。もちろんこちらは家本体の価格のみですので、実際にかかる費用はもっと高くなります。

感覚的には、やはり割高だと感じる人のほうが多いでしょう。これは輸入住宅に限ったことではありませんが、三階建て住宅の費用が割高になる主な理由には3つあります。

1つ目は建築法規の問題です。現状、建築法規では三階建て住宅は構造計算をしないと建てることができなくなっていて、確認申請の際、構造計算書を添付する義務があります。二階建て以下の場合はこの義務がありませんが、どうしても設計士のコストがプラスされる分高くなります。逆に言えば都度きちんと構造計算がおこなわれるわけですから、安全性が増すとも言えます。構造計算をするには特別な資格が必要ですし、調査に必要な機器もあるためそこは致し方ないでしょう。

2つ目は地盤改良の費用がかかるケースが多いことです。階数が多い分住宅が重くなり、地盤が耐えられる状態にしなければならない分費用がかかります。また、土地の地盤調査をしてから必要な費用が算出されますので土地にもよりますし、場合によっては改良せずに済む場合もありますので一概に言えません。

3つ目は、設計に工夫が必要となるため、設計費用がかさむ場合があります。ただ、ここまで聞くとやはり割高なのだという印象を抱くかもしれませんが、実は新築の場合はそうとも限りません。

 

トータルで考えると割安な場合もあります

新築の場合は、上物(建物)と土地とを合計してトータル金額で考える必要があります。そのため一概に三階建てが割高とは言えなくなるケースも出て来ます。

本体価格だけを見れば確かに割高かもしれませんが、逆に平屋や二階建てで計画すると、ガレージや庭の分、土地を広く購入しなければなりません。単純計算ではありますが、例えば坪単価100万円の土地を購入する場合、平屋や二階建てで40坪分必要だとすれば4.000万円の出費となります。

ところが三階建てにすれば、予定している平屋や二階建てと同じ居住空間を確保しつつ、必要な坪数を減らすことが可能です。おおむね必要なスペースは3分の1程度削減できることが多いので、購入面積が40坪から30坪になればそれだけで1.000万円のコスト削減が可能となります。場合によっては割高な分も十分に吸収可能なコストメリットと言えるでしょう。

輸入住宅であれば、欧州様式で2.000万円台から、外壁が総レンガ造りの様式では3.000万円台からが相場です。1980年代は輸入住宅の値段が高く手が出ないぜいたく品でしたが、現在では輸入品のほうがむしろ安い場合もありますし、もともと堅牢な造りが売りの高性能住宅です。同じ費用なら土地にかけるべきか住宅そのものにかけるべきかは個別の判断になりますが、本当に求めるものが何なのかはよく考えて選びましょう。

 

三階建ての輸入住宅の費用は、住宅の本体価格でメインの価格帯は2.500万円から3.500万円といったところが相場でしょう。建物の構造で見ると、平屋や二階建て住宅より構造計算や地盤改良、間取り設計などで費用が割高になるケースが少なくありません。

ただ、新築の場合は上物だけでなく土地購入からトータルで考えることで、必ずしも割高になるとは限りません。限られた予算をどこにどのように使うかは熟考する必要がありますが、デザイン性も高く堅牢な輸入住宅に投資するのもひとつの手段と言えるでしょう。

サイト内検索
輸入住宅関連コラム