口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

株式会社ユーロJスペースの口コミや評判

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/09

【詳細】

会社名:株式会社ユーロJスペース

住所:東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA 65KANN 2F

TEL:0120-074-186

受付時間:10:00~20:00

定休日:水曜日

輸入住宅とは、海外で建てられている様式の住宅を、海外から輸入した資材を使い日本で建築する住宅です。日本家屋や日本の木造建築とは少し違う外観なので、おしゃれな住宅を作りたい人におすすめです。 輸入住宅を建築してくれる業者は多くあります。ここでは輸入住宅販売メーカーのひとつ、株式会社ユーロJスペースの特徴や評判を紹介します。

デザイナーによるこだわりの住宅建築が魅力

株式会社ユーロJスペースは独自のこだわりがある輸入住宅販売メーカーです。例えばデザイン面に関しては芸術的な視点からデザインをしているので、他の輸入住宅とは少し違います。美術家や工芸家、建築家がこだわりのある作業をするための工房であることを目指し、アトリエ系ハウスメーカーとして活動を行っており、利用者にヒアリングをしつつ、クリエイターたちが住宅のデッサンを行いデザインしていきます。アーティスティックな住宅を建築したいというときにも活用できるメーカーです。

顧客の要望によってはオープンカフェ風にしたり、ダイニングバーを設置したりすることも可能です。例えばガーデンライフを提案するため、屋根のないグリーンルームというプランがあります。これはガーデンブームに着目して、イギリスの庭文化をコンセプトに作られています。

ユーロJスペースでは住宅の内装や外観だけでなく、家具や照明まで妥協をしませんインテリアまでトータルコーディネートしてくれるので統一感のある住宅を作ってもらえるのがメリットです。

素人が失敗しがちなインテリアコーディネートまでプロが面倒を見てくれます。そのため総合的にみてクオリティーの高い住宅を建築してくれるのが強みです。

こだわりを実現するため、細かい部分までサポートしてくれるので多くの利用者に人気があります。 基本的に自由設計を行っているので、顧客の考えを重視した住宅建築をしてもらえるのがユーロJスペースの魅力でしょう。

住みやすさを重視した住宅づくりをしている

株式会社ユーロJスペースでは特に住みやすさを考慮して住宅建築をしています。例えばユーロJスペースの住宅はすべてウールハウスです。ウールブレスという羊毛の断熱材をふんだんに使用して作られているので、環境にやさしいのも魅力的な部分でしょう。

ウールは自然の素材なので体にも悪影響がありません。シックハウス症候群の原因となる揮発性有機化合物(ホルムアルデヒドなど)を吸着してくれる素材であることも安心感があります。また廃棄時にも有害なガスや物質が発生しません。住宅に使用しているウールはセーターなどに使用されているものと同じです。

ウールは親水性も強く、調湿できる機能もあります。 ユーロJスペースの住宅には木製サッシ3層ガラスを採用しています。こちらは暖性や気密性に優れた構造をしています。寒さの厳しい北欧でも採用されているサッシなので信頼性は高いです。

さらに遮音性も備えているので、ピアノの音が外部にもれる心配もありません。また住宅の床部分にはクリーンで効率のよい床暖房を採用しています。1階から2階まで一日中快適な温度を保つことができるので、冬場も快適に過ごせるでしょう。

耐震性能についてはユーロの免震工法を使用しています。こちらは台風や地震に強い仕様なので日本の生活環境に適しているのが強みです。ユーロJスペースは安全性を考慮している部分も口コミで人気があります。

利用者の安全を考慮した保証が魅力的

輸入住宅を購入するときは地盤や建物の完成後の不備などいろいろな心配が出てきます。株式会社ユーロJスペースでは安心のサポート体制が整っているので安心して利用できるでしょう。

例えば地盤保証システムというものを採用しています。これは地盤の専門家が分析を行い、最適な地盤改良を行ってくれるのがメリットです。業界では初となる土地販売用地盤保証システムが付帯します。これは通常の地盤保証と同じように10年間の保証を行ってくれるのが強みです。

さらに不同沈下に起因する損害については最高5,000万円まで対応してくれます。 完成保証は住宅建築の完成までしっかりサポートしてくれるものです。万一業者が倒産をしても他の事業者が引き継いで施工を行うので安心感があります。こちらのサービスは完成保証料として29,400円が必要です。ちなみに補償範囲ですが保証限度額が1,000万円まで、前払い工事と増嵩工事費用が対象です。

ユーロJスペースは日本住宅保証検査機構に登録を行っています。そのため保険を付保した住宅を顧客に提案できるのが魅力です。瑕疵担保責任保険JIOわが家の保険というものが付帯します。これは住宅に不具合があったときに販売した住宅事業者が補修を行うものです。 補修工事にかかる費用は最高2,000万円(オプションで変化)までカバーしてくれます。もしものことも考えて多くの保証が用意されています。

 

株式会社ユーロJスペースはデザイナーによるこだわりの輸入住宅を建築してくれます。また見た目だけではなく家具などもトータルでコーディネートしてくれるので、統一感のある住宅が作れるでしょう。ウールハウスや耐震性能など魅力的な機能もあり、保証も多いので利用者に人気があります。




サイト内検索
輸入住宅関連コラム