口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

三井ホームの画像
4位にランクインしたのは、三井グループに所属している「三井ホーム」です。この会社の名前を知らないという方は、ひょっとするといないのではないでしょうか。有名グループの会社ということもありますし、何よりテレビやインターネット、チラシなどでのコマーシャルもひんぱんに行われているので、その知名度は今回のランキングにおいてもナンバーワンと言ってよいでしょう。

その特徴は、やはりそのブランド力。住まいづくりにおいてブランド力というのは非常に大事です。ブランド力の高い家に住めば「こんないい家に住んでいる自分はすごいな」という気持ちになることができ、モチベーションアップになります。そういった点から言えば、三井ホームの家は居住者にとってかなりのステータスとなり得るでしょう。輸入住宅メーカーはブランド力がそれほど高くない場合が多く、ブランド力を第一に考えるのであれば三井ホームはイチオシです。

また、大手企業ゆえの信頼感もバツグン。住宅の値段こそ高くはありますが、その分品質やサービス性もかなりのもの。大手ならではのレベルの高い住まいづくりを実感することができるでしょう。

木の建築による住みやすさ、暮らしやすさの実現

三井ホームの画像2

三井ホームがさかんにアピールしているのは、木造による住宅建築。高い品質で知られるカナダより取り寄せる木材を使用した、フリー設計の注文輸入住宅をウリとしています。

木造住宅のメリットは、やはり快適性でしょう。「呼吸する家」とも称される木造住宅は冬の換気や夏の熱気を通しづらく、同時にあたたかさや涼しさを内側から逃がしません。だから、コンクリート建築に比べてよりリラックスした生活が送れるようになるのです。

木造住宅はよく災害対策への弱さが懸念されますが、三井グループが木材として使用しているのは、樹齢100年を超える巨木。強度が非常に高いので、安全対策に関してもバッチリと言えます。

全館空調システムによって24時間365日いつでも快適に!

三井ホームの画像3

三井ホームによる快適性への追及は、これだけにとどまりません。たとえ木造住宅でなかったとしても、この会社の住宅は高レベルの暮らしやすさを誇ります。

そのヒミツは、全館空調システム。部屋全体、ひいては宅内全体の空調を一元管理することによって空気や温度の流れをコントロール。これによってたとえ夏であっても冬であっても、24時間365日いつでも快適にリラックスして暮らすことが可能となっているのです。

この全館空調システム、導入においては決して安くない料金がかかってしまうのが珠にキズですが、オプションによって取り外すことも可能です。三井ホームで輸入住宅を建てるのであれば、この全館空調システムをどうするかを考えておいた方がよいですね。

「フリー設計なのにニーズに応えてくれなかった」という声も

三井ホームの画像4

大手ならではのサービスクオリティの高さを誇り、口コミ人気も上々な三井ホームではありますが、一方で問題点も見受けられます。

それは、「家を建てるにあたって制約が多い」ということです。フリー設計の形をとっており、ある程度は自由にデザインできる三井ホームの家づくりではありますが、実は意外とできないことが多いようです。

実際私の友人にも三井ホームで家を建てようとした方がいましたが、予想以上にニーズが通らず、結局別の業者に依頼したそうです。

輸入住宅において、自由度は非常に重要なポイント。それが制約を受けてしまうのは、看過しにくいものがありますね。

メリット・デメリットについて

三井ホームの画像5

三井ホームにお願いするメリットといえば「ブランド力」と「室内の空気を意識した、高断熱・高気密システム」でしょう。

やはり有名であることは安心感がありますし、サポートもしっかりしてもらえそうですよね。また、三井ホームでは普段生活する住宅内の空気品質にもこだわっています。全館空調システムで新鮮な空気を生み出し、構造材を高い密閉度で接合することで生まれる断熱・気密性能でその空気を留まらせるシステムを採用しているのです。

この2つのシステムを合わせることで、室内をいつでも適切な環境に保てるというわけですね!花粉やハウスダスト、熱中症などあらゆるリスクから三井ホームは人々を守ります。

また部屋ごとに空調管理する必要がないので、吹き抜けや開放的な大きな空間をつくりたい場合にも適しているでしょう。全館空調は1台で1つの家を管理できるため、意外とランニングコストが経済的なのも嬉しいところです!

デメリットはやはり「制約が多く理想の家づくりができない可能性があること」です。自由に設計してもらえるスタイルにはなっているのですが、実際はなかなか難しいことも多いようですね。どの程度の自由度があるのか直接三井ホームに確認してから、お願いするかどうか決めましょう。

施工事例

三井ホームの画像6

三井ホームの画像7

三井ホームの画像8

三井ホームの口コミ・評判を集めてみました!

まずは気軽にモデルルームの見学を

「スパニッシュ」という三井ホームのモデルハウスを見学して、こんなヨーロッパ風の家に住みたいと思い、決めました。土地からだったので、他のメーカーにも土地探しをお願いしていたのですが、希望する地域にはあまり売土地がありませんでした。

どの営業マンもイマイチの土地しか紹介してくれない中、三井ホームの営業担当者は、少し予算オーバーでしたが、完璧なロケーションの土地を探してきてくれました。その土地がとても気に入ったのもあり、すぐ契約しました。

設計士との家の間取りを決めている最中、うまくまとまらず行き詰った時に、営業マンが的確な案を出してくれて、開放的で動線もうまく確保できた間取りになりました。

好きなカーテンや壁紙を選んだにもかかわらず、予算も希望通りの金額内でできるように工夫してくださって、大満足のマイホームができました。三井ホームにしてよかったです。

引用元:https://house-maker.net/

→モデルハウスの見学は非常に重要なものです。いくら頭の中で西洋風の輸入住宅に住みたい願望があったとしても実際に目の当たりにしてみなければ、本当に住みたいという気持ちまでは生まれないものでしょう。

三井ホームではモデルハウスの見学等も行っているため、気になる方は一度見学してみることをおすすめします。実際に注文住宅の依頼を行った場合にもしっかりと対応してくれることでしょう。

こだわりの素材が用いられるところ

これまで家に関しては散々悩まされて続け、ついに有名ハウスメーカーのこちらに頼むことにしました。良かった点ですが、まず対応力が格段に違います。たぶん、あちらにとっては普通の接客なのかもしれませんが、私自身はVIPのように扱われていると感じました。さらに決め手となったのが、住宅に用いられる材料や仕上げの数々、多少割高となるのですが、結果的に景観を損なわず長持ちしてくれるので、十分なコストパフォーマンスだと思ったことです。

引用元:https://minhyo.jp/

→三井ホームは木材を使用した住宅が有名かと思いますが、材料や施工方法までこだわりを持って行ってもらえます。
そして「長持ちする」と言った声は他にも多くネット上で見受けられましたので、注目しておきたいところですね。
修繕ばかり必要な家になってしまっては困りますから、信頼できるハウスメーカーを選びましょう。

三井ホームの良さ

三井ホームを選んだ理由は、北欧に代表されるような、木のぬくもりで温かみのある家に住みたいと思ったからです。普段住む家なのに、山奥の別荘に住んでいるかのような気分を味わうことができています。外観は正方形型に近く、茶色をベースとした家が多いように感じます。別荘に住んでいるかのような気分を味わうことができると述べましたが、決して都会の街中や住宅街に立地していても浮くことなく、周りの住宅と調和を保ちつつも、明らかに目を惹くかわいらしいデザインの家です。また、購入者に対するアフターサービス面でも、担当の方が変わるごとに丁寧な挨拶とともに粗品を持参してくる等、とても満足のいくサービスを受けさせていただいています。

引用元:https://minhyo.jp/

→こちらの投稿者さんも三井ホームで自分のイメージする北欧風の家を見つけられたようです。さらに担当者の接客面も満足できるものだったとのこと。上の口コミでも三井ホームの接客の良さについては触れられており、住宅だけでなく、対応面のクオリティも高いことがうかがえます。

住宅を建てる時も建てた後も、こうした丁寧な接客があると安心して家のことを任せられますね。

我が家もお住まい見学会に何件か行って、三井に決めました。 モデルハウスもいいけど、実例はとても参考になりました。 建ててる時はいろいろ不安になって、この掲示板もよく見させてもらいましたが、 実際に完成して住んでみて、やはりしっかり作ってくれてると思います。

不具合というほどのものは出てこないけど、気になる事があってオーナーズデスクに 問い合わせると、すぐに対応してくれるので安心です。 満足している人はあまりここに来なくなるのかも知れませんね。

不満や不安のコメントを多く見かけるので・・。 契約されたばかりの方や建築中の方で、不安になっている方がいたら、 三井ホームいいですよ!とお伝えしたくて久しぶりに来てみました。

引用元:https://www.e-kodate.com/

→輸入住宅メーカーを選ぶ際には、見学会に行くのがおすすめです!これは実際に住んでいる方の意見を直接聞ける数少ないチャンスなのです。メーカーの雰囲気や担当者の対応など実際に依頼した人でないとわからないことは多々あるでしょう。この投稿者さんも見学会が決め手になったようです。

それからモデルハウスや公式HPの実例集を参考にすることも忘れてはいけません。理想の住まいがつくれそうなメーカーを探してくださいね。

三井ホームでは建築後も何かあった時には快く対応してくれるため、安心です。

現場監督は重要だけど、それを上回るくらい現場に行って 頻繁にチェックすれば、工務店の人達と親しくなって 良い仕事をしてもらえる可能性もあります。 現場監督は仲介みたいなもので、作っているのは 工務店の職人さん。

頻繁に顔を出し、差し入れしたり話したりしていると 「施主さんから現場監督にこんな風に伝えるといいよ。」 など、工事側からのアドバイスをもらえたりもします。

営業にも監督にもあまり期待しないことをおすすめします。 自分の家なので、自分でチェックして守るのが一番。

引用元:https://www.e-kodate.com/

→三井ホームの営業や現場監督の対応があまり良くないと思っていらっしゃる方の意見もありました。

三井ホームで住宅をつくると言っても実際の作業をおこなうのは工務店の職人さんです。他のスタッフとの関係性で悩むよりも、工務店の方と仲良くなって良いものをつくってもらった方が良いかもしれませんね。

またこの投稿者さんが言っているようにつくっているのは「自分の家」です。全て三井ホームに丸投げするのではなく、自分で責任を持って現場の管理もしましょう。

三井ホームへのアクセス

住所:東京都新宿区西新宿二丁目1番1号 新宿三井ビル53階
最寄り駅:新宿駅 徒歩7分

→その他、全国各地に営業所がございます。お近くの店舗はこちらから

サイト内検索
輸入住宅関連コラム