口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

セルコホーム

1位のブルースホームと激しい比較合戦を繰り広げたものの、最終的には惜しくも破れてしまったのが、北海道から九州まで各都道府県に事業を展開する「セルコホーム」です。

このセルコホームの特徴は、カナダと非常に強いつながりを持っていること。厳しい極寒の冬の中で成長した木々で有名なカナダの地には、独特でレベルの高い住宅建築ノウハウがあります。そんなカナダの家づくりを学び取り、日本国内にて広げているのがセルコホームなのです。

セルコホームのモットーは「すべての家族に『心地よい暮らし』を」というもの。人間のライフサイクルに大きく関わる家というものは、真剣に考えて作られなければなりません。だからこそ、セルコホームはカナダの人々の歴史や考え方を活用し、家族が心地よく暮らすことのできる家づくりを目指しています。

その甲斐あってか店舗数は輸入住宅を取り扱う企業の中ではナンバーワン。これは、豊富なデザイン・バリエーションを持つカナダの住宅様式が、日本国内においても受け入れられていることを意味しているのかもしれませんね。カナダ住宅を念頭に置かれているのであれば、セルコホームは選択肢に入れておいてもよいでしょう。

ファミリー向けの広々とした空間を持った家づくりが得意です

セルコホームが強いのは、ファミリー向けの住宅づくりです。それはなぜかというと、この会社が参考としているカナダの住宅様式が「家族」というものを非常に大切にしているから。

カナダには古くから「家族のつながりを大切にする」という独特の住宅思想があります。厳しい大自然の冬を乗り切るためには、家族が団結して暮らしていくことが必要不可欠であったからです。

だからカナダの住宅は、家族が仲良く気兼ねなく暮らせるよう、空間づくりに配慮されています。いっしょにテレビを見たり食事をとったりするためのファミリールームや、子どもといっしょに遊ぶためのプレイルームはとっても広々。自由度が非常に高く、そこに住む家族によってありとあらゆる形に変化するのが魅力です。

家族づくりの家を目指すなら、カナダ住宅のセルコホームを検討してみましょう。

4つの保証が用意されているから安心力もアップ!

家を建てるにあたってはどうしても不安がつきまとってしまうもの。何千万もかかる高い買い物ですから、当然と言えば当然です。たとえ輸入住宅であったとしても、それは変わりません。

そうした利用者の不安を解消するため、セルコホームには「4つの保証」というものが用意されています。家の完成を約束する「住宅完成保証」に、土地の安全保障を約束する「地盤保証」。そして建築時のトラブルをフォローする「建設工事保証」に「住宅性能評価(第三者保証)」などなど。

これらの保証を最大限に活用すれば、住宅建築時における不安の多くは解消されることでしょう。

クオリティに少々問題があるのが気になるところです

そのように良いことづくめに見えるセルコホームですが、ひとつ不安な点があります。それは、家のクオリティについてです。

セルコホームではカナダから建材を直接輸入し使用している、純粋な輸入住宅です。それはある意味でメリットとも言えるのですが、逆にデメリットでもあるのです。

輸入品の建材を使用する場合、どうしてもその品質にバラつきがでてしまいます。厳格な日本の製品基準と比べ、海外のそれが緩い場合が多々あるからです。よって、完成した住宅が予想を下回るクオリティであったという可能性も、ゼロではありません。

これはほとんどの輸入住宅について回る問題ではありますが、カナダからの直接輸入を行うセルコホームでは、特に気になる点だと言えるでしょう。

セルコホームで購入した方の口コミ・評判を集めてみました!

レンガ造りにしっかりと対応

レンガで施工してもらいましたが
レールの隙間、見た感じはほとんどありませんでしたよ。
とてもキレイに貼っていただけました。
こればっかりは施工業者さんの腕もあると思うので
絶対に隙間が出来無いとは言い切れませんけどね。
当たり前ですがレールの下には防水シートも貼られているので
とくに問題はないと思うのですけど。
ちゃんと空気層も作ってありましたし。

引用元:https://www.e-kodate.com/

→注文住宅を検討されている方の中には、口コミの投稿者の方のようにレンガを豊富に使用した家づくりにしてみたいと考えている方も多いことでしょう。レンガは純粋な日本のハウスメーカーで住宅を建設する場合にはそこまで使用するものではないため、特別感のあるデザインを演出したい時には是非とも使用したい建材です。

材質の品質に賛否両論のあるセルコホームですが、レンガを使用した施工に関しては抜け目のないようしっかりと行ってくれるためその点は安心できます。

費用をお得に抑えられる

セルコで建てました
約40坪の床面積で約2千万でした

家の大きさによるのでなんともいえませんが(うちは内装も重視しました)
外観重視なら1500万円でも十分可能です

ただ、レンガ部分が多くなると難しくなってきます

セルコで建てて良かったです

引用元:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

→輸入住宅を建てるとなった場合自分の中で優先順位を付け、理想と費用のバランスを図っていくものですが、やはり費用の面で悩まれる方が一番多いでしょう。

上記口コミの投稿者の方は先に挙げた例の方とは異なり、レンガ造りに対するこだわりがなかったようでその分比較的安い費用で住宅を建築することができたようです。セルコホームでは様々なニーズを汲み取ってくれるため気軽に相談をしてみるのも良いでしょう。

サイト内検索
輸入住宅ランキング
ブルースホーム
セルコホーム
スウェーデンハウス
三井ホーム
インデュアホーム