口コミで評判の輸入住宅メーカーを比較、ランキングでご紹介

セルコホームの画像

1位のブルースホームと激しい比較合戦を繰り広げたものの、最終的には惜しくも破れてしまったのが、北海道から九州まで各都道府県に事業を展開する「セルコホーム」です。

このセルコホームの特徴は、カナダと非常に強いつながりを持っていること。厳しい極寒の冬の中で成長した木々で有名なカナダの地には、独特でレベルの高い住宅建築ノウハウがあります。そんなカナダの家づくりを学び取り、日本国内にて広げているのがセルコホームなのです。

セルコホームのモットーは「すべての家族に『心地よい暮らし』を」というもの。人間のライフサイクルに大きく関わる家というものは、真剣に考えて作られなければなりません。だからこそ、セルコホームはカナダの人々の歴史や考え方を活用し、家族が心地よく暮らすことのできる家づくりを目指しています。

その甲斐あってか店舗数は輸入住宅を取り扱う企業の中ではナンバーワン。これは、豊富なデザイン・バリエーションを持つカナダの住宅様式が、日本国内においても受け入れられていることを意味しているのかもしれませんね。カナダ住宅を念頭に置かれているのであれば、セルコホームは選択肢に入れておいてもよいでしょう。

ファミリー向けの広々とした空間を持った家づくりが得意です

セルコホームの画像2

セルコホームが強いのは、ファミリー向けの住宅づくりです。それはなぜかというと、この会社が参考としているカナダの住宅様式が「家族」というものを非常に大切にしているから。

カナダには古くから「家族のつながりを大切にする」という独特の住宅思想があります。厳しい大自然の冬を乗り切るためには、家族が団結して暮らしていくことが必要不可欠であったからです。

だからカナダの住宅は、家族が仲良く気兼ねなく暮らせるよう、空間づくりに配慮されています。いっしょにテレビを見たり食事をとったりするためのファミリールームや、子どもといっしょに遊ぶためのプレイルームはとっても広々。自由度が非常に高く、そこに住む家族によってありとあらゆる形に変化するのが魅力です。

家族づくりの家を目指すなら、カナダ住宅のセルコホームを検討してみましょう。

4つの保証が用意されているから安心力もアップ!

セルコホームの画像3

家を建てるにあたってはどうしても不安がつきまとってしまうもの。何千万もかかる高い買い物ですから、当然と言えば当然です。たとえ輸入住宅であったとしても、それは変わりません。

そうした利用者の不安を解消するため、セルコホームには「4つの保証」というものが用意されています。家の完成を約束する「住宅完成保証」に、土地の安全保障を約束する「地盤保証」。そして建築時のトラブルをフォローする「建設工事保証」に「住宅性能評価(第三者保証)」などなど。

これらの保証を最大限に活用すれば、住宅建築時における不安の多くは解消されることでしょう。

クオリティに少々問題があるのが気になるところです

セルコホームの画像4

そのように良いことづくめに見えるセルコホームですが、ひとつ不安な点があります。それは、家のクオリティについてです。

セルコホームではカナダから建材を直接輸入し使用している、純粋な輸入住宅です。それはある意味でメリットとも言えるのですが、逆にデメリットでもあるのです。

輸入品の建材を使用する場合、どうしてもその品質にバラつきがでてしまいます。厳格な日本の製品基準と比べ、海外のそれが緩い場合が多々あるからです。よって、完成した住宅が予想を下回るクオリティであったという可能性も、ゼロではありません。

これはほとんどの輸入住宅について回る問題ではありますが、カナダからの直接輸入を行うセルコホームでは、特に気になる点だと言えるでしょう。

メリット・デメリットについて

セルコホームの画像5

前述した通りセルコホームには「4つの保証が準備されている」「カナダ住宅で多様なデザインに対応しやすい」といったメリットがあります。

カナダという国は先住民族だけでなく、移住してきたヨーロッパ系の人々、さまざまな国からの移住者の影響を色濃く受けた文化を保有しています。それらはセルコホームの住宅にも反映されているのです。

また現地では地域ごとに、違った国の影響を受けた建物が見られます。例えば、高層ビルと多様な文化が混じる「トロント」やレンガ調でヨーロッパのような街並みの「ケベック」高層ビル群の中でも自然を楽しめる「バンクーバー」などが挙げられます。

近年、住宅に個性を求めている人が多い中で、このように歴史的に多様な文化を持つカナダ住宅なら一人一人の要望を叶えやすいのではないでしょうか。

デメリットとしては、やはり建材の質が心配な点が挙げられるでしょう。国産建材をあまり使用せず、ほとんど輸入建材に頼っているため質を安定させることがやはり難しいのです。しかし、それこそが「輸入住宅の醍醐味だ」「味があって良い」とお考えの方にとってはメリットになるのかもしれません。満足できるかどうかは、求める住宅像によって変わってきそうです。

施工事例

セルコホームの画像6

セルコホームの画像7

セルコホームの画像8

セルコホームで購入した方の口コミ・評判を集めてみました!

レンガ造りにしっかりと対応

レンガで施工してもらいましたが
レールの隙間、見た感じはほとんどありませんでしたよ。
とてもキレイに貼っていただけました。
こればっかりは施工業者さんの腕もあると思うので
絶対に隙間が出来無いとは言い切れませんけどね。
当たり前ですがレールの下には防水シートも貼られているので
とくに問題はないと思うのですけど。
ちゃんと空気層も作ってありましたし。

引用元:https://www.e-kodate.com/

→注文住宅を検討されている方の中には、口コミの投稿者の方のようにレンガを豊富に使用した家づくりにしてみたいと考えている方も多いことでしょう。レンガは純粋な日本のハウスメーカーで住宅を建設する場合にはそこまで使用するものではないため、特別感のあるデザインを演出したい時には是非とも使用したい建材です。

材質の品質に賛否両論のあるセルコホームですが、レンガを使用した施工に関しては抜け目のないようしっかりと行ってくれるためその点は安心できます。

費用をお得に抑えられる

セルコで建てました
約40坪の床面積で約2千万でした

家の大きさによるのでなんともいえませんが(うちは内装も重視しました)
外観重視なら1500万円でも十分可能です

ただ、レンガ部分が多くなると難しくなってきます

セルコで建てて良かったです

引用元:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

→輸入住宅を建てるとなった場合自分の中で優先順位を付け、理想と費用のバランスを図っていくものですが、やはり費用の面で悩まれる方が一番多いでしょう。

上記口コミの投稿者の方は先に挙げた例の方とは異なり、レンガ造りに対するこだわりがなかったようでその分比較的安い費用で住宅を建築することができたようです。セルコホームでは様々なニーズを汲み取ってくれるため気軽に相談をしてみるのも良いでしょう。

素敵な対応

今、セルコホームで依頼しています。輸入住宅に興味があり、ハウスメーカーをネットで探していたらここがでてきました。モデルハウスと事務所が自宅から近かったので、見学もかねて相談に行きました。モデルハウスも良かったのですが、それ以上にスタッフの方の対応がとても素敵でした。細かい気配りができ、こちらの質問にも丁寧に対応してくださいました。担当の方の知識も豊富で安心できました。相談後も何度か電話で連絡してくださり、何度か相談に行くうちにこの人にお任せしたいという気持ちになったのが決め手でした。
引用元:https://minhyo.jp/

→依頼するハウスメーカーを選ぶ時に、スタッフさんの対応は注目すべきポイントの一つです。知識の豊富さや説明の丁寧さなどの能力が高ければ高いほど信頼感がありますよね。こちらの要望をきちんと反映してもらう為にもこの点は重要です。

セルコホームは他の方の口コミでも、スタッフの対応が丁寧だったという評価が見られました。理想の家づくりをする為にも、セルコホームのような丁寧な接客をしてくれるハウスメーカーを見極めて依頼しましょう。

非常に満足!

住んでて住みやすいです。断熱も内側、外側問題無く、冬でも寒くない、北海道に住んでたから冬は心配だったけど全然暖かくすごせました。夏も暑いのと、湿気がほんとに苦手で、夏めちゃくちゃ弱いのに、家のなかは、天国でした。

屋根も職業柄いろいろ葺いてきましたが、一番好きな屋根材だと思いました。自分の納得できる構造と施工内容でしたし、とても満足でした。

そしてなにより、営業の方、施工管理の方、建築士の方達の人柄や仕事の早さ段取りの良さがほんと良かったです。 またアフターも早く検査も定期的に行われていますので安心です。

引用元:https://minhyo.jp/

→北海道のような冬の寒さが厳しい地方でも快適に過ごせるという口コミがあるのは、機能性の面でも安心できますね!輸入住宅メーカーによって建材の質や施工方法はさまざまですが、何より自分が納得できるところを選ぶのが一番です。

また担当者の質も確認してから契約した方が、理想の住宅建設を実現しやすいでしょう。セルコホームでは「4つの保証」も用意されていますから、住宅完成後も心配する必要はないですね。

下調べや勉強が大事だと思います

北陸在住の者です。セルコホームで家を建ててもらいました。とても住みやすいです。
断熱性があるので、エアコンを適材適所に必要数つけて、常時快適温度に設定することで快適に過ごせると思います。

担当の営業マンは人当たりが良かったです。
ただ、担当者間で連絡が十分だったのか、図面が違う等の不満が出てきました。
工期期間が4ヶ月伸びたり、納得いかないところはとことん質問することもありました。

このようなことを避けるために、事前に下調べや勉強をして、お家のイメージがブレないようにすることが大事だと思います。
また、頭の中のイメージを伝えるときは、イラストやネットの情報などを集めて提示すると良いと思います。

セルコホームに任せきりではなく、常に確認をすることも大事です
ほか、金銭的な理由での妥協は注意が必要です。
メーカーは良いのですが、トイレがタンク付きなど標準装備が微妙で、オプション追加が多かったです。

私と同じように北陸で検討中の方は、セルコ独自の仕様だと割と安価ですが、自由設計の場合は1坪70~80万かかると思っておいたほうが良いかもしれません。
また、営業は温厚の方が多いですが、提案が少ないので、 こちらから希望等を伝えたほうが良いと思います。あと、途中で希望が増えると工期が伸びる可能性があります。

引用元:https://minhyo.jp/

→セルコホームに全ておまかせ!とは言えないようですね。営業や設計者の間でのコミュニケーション不足が原因でトラブルがあったりと、伝えることがあまり得意ではないのかもしれません。

工期を遅らせないためにもセルコホームに依頼するなら、事前に希望する家のイメージをしっかり固めて伝える準備をしておいた方が良さそうです。

しかしカナダ住宅ならではの多様なデザインは魅力的です。公式HPで理想のデザインを探してみましょう。

セルコホームへのアクセス

住所:宮城県仙台市青葉区上杉2-1-14
最寄り駅:北四番丁駅 徒歩4分

→その他加盟会社68社ございます。お近くの加盟会社はこちらから

サイト内検索
輸入住宅関連コラム